入社3年で決まる

4582viewsえるえる

このエントリーをはてなブックマークに追加
入社3年塾: 今、何を知り、どう考え、挑戦するか (単行本)

「成果を生み出す人材」になるために必要なこと

「仕事が早い人」は重宝され、
「確実な仕事をする人」は信頼され、
「仕事を大きくする人」には仕事が集まる。
最初の3年間でその基礎を身につけよう。

目次<抜粋>

「即断即決、即実行」できる人の考え方

  • 「ロジカルシンキング」に惑わされない。
  • 『ゼロ秒思考』のメモ書き
  • 「全体像」をつかむ
  • 「即断即決、即実行」

「スピード」と「PDCA」がすごい成果を生み出す

  • すべての仕事は3倍早くできる
  • ほとんどの人ができていない「事前準備」「仕込み」
  • 「仕事の要点」を押さえる
  • 「二度手間」をしないチェックポイント
  • PDCAを「瞬時に」「高速で」「何度も」回す習慣を

伝え方より、相手の話を丁寧に聞く姿勢

  • 「アクティブリスニング」
  • 話し方を意識しすぎない
  • 「ポジティブフィードバック」が仕事も人生も変える
  • 「念のため」「ご存知かもしれませんが」お伝えする
  • 「報連相」をストレスなく行う

若くても「信頼される人」になるために

  • 「人として信頼される」ことで仕事もプライベートもうまくいく
  • 「人間性」とは、「人間的魅力」とは
  • 出発点は「自分に自信をもつ」こと
  • 誰からでも学ぶことの重要性
  • 困ったときに「相談できる相手」をもつ
  • 周囲に振り回されずに「自分の考えを持つ」

これからの時代を勝ち抜く「知的武器」

  • 情報収集力
  • 情報分析力
  • 数字力
  • 資料作成力
  • 発信力

「時間」をどうコントロールするか

  • 「やるべきこと」にすぐ着手する人、しない人
  • 「決めたら迷わず実行」する
  • 「振り返りの時間」をつくる

心と体のコンディショニング

  • こうすれば「自信」を持てる
  • 「成功のイメージ」を明確に持つ
  • 自分の「ベストコンディション」をキープすふ
  • 「好循環」を意識してつくる

成功し続けるには

  • 刺激してくれる人と一緒にいる
  • 人の相談を受ける
  • 1年後、3年後、5年後…「微差」が「大差」となってくる
  • 自分を信じられるか
  • 感想

    働き始める1年目に読みたかったけど、
    3年目の今読むと、また読み方が変わってきて、
    新人のときには理解できなかったことが、
    「ああ、なるほど、これはそういうことか」と
    腑に落ちる。

    著者の作品の『ゼロ秒思考』も読んだことがあるが、
    入社3年塾を読んでメモ術に興味を持った人は『ゼロ秒思考』を読めばいいかも。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く