6時に帰るチーム術

7031viewsえるえる

このエントリーをはてなブックマークに追加
なぜ、あの部門は「残業なし」で「好成績」なのか? 6時に帰る チーム術

今「チーム術」が求められている理由

マネジャーの勘違いと部下の見切り

  • 「幹部の成功体験」に縛られる現場
  • 「同じタイプ」ばかり育てるマネジャー

今、チームを変えるべき理由

  • 24時間働ける時間は終わった
  • 「早く・安く・大量に」ではもう勝てない

新しいチーム・マネジメントのあり方

  • コミュニケーションの促進役
  • 「手を出す」から「サポートする」へ

著者が経験した「チーム術」の原点

  • まずは現場を見る
  • そのあとは聴いて話す
  • メンバー同士の協力を促す

チーム術を実践する6ステップ

1 現状を見える化する

2 課題とビジョンを共有する

3 仕事の中身と分担を見直す

4 評価ポイントを見直す

5 仕事の進め方を変える

6 変化を周囲に広げる

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く