スターバックスを世界一にするために守り続けてきた大切な原則

6784viewsえるえる

このエントリーをはてなブックマークに追加
スターバックスを世界一にするために守り続けてきた大切な原則

パーソナル・リーダーシップの十ヶ条

1 自分に正直になる

自分を好きになれば、結果はおのずとついてくる。

  • なにをするのが1番好きか?
  • あなたの夢はなにか?
  • あなたの夢を邪魔しているのなにか?

2 なぜこの会社で働くのか

  • どうしてこの会社でこの仕事をしているのか?
  • 努力を向ける方向を間違っていないか?

3 自主的に考える

  • あなたの仕事と人生はルールで縛られているか?
  • 必要のないルールはどれか?
  • ルールに反するものでも正直に自分の気持ちを言えるか?

4 信頼を築く

  • あなたの職場や家庭には思いやりがあるか?
  • 家族への愛をどのように表現しているか?

5 真実に耳を澄ます

自分を動かすには頭を使いなさい。他人を動かすには心を使いなさい。

6 責任をもつ

責任をもち、思いやりと尊敬を込めて、言うべきことを言おう

7 行動する

感じ、動き、考えよう。

8 困難に立ち向かう

困難なときこそらあらゆる原則を思い出し自分を導こう。心と身体は切り離せない。

9 リーダーシップを発揮する

リーダーとしての責務は、新しいリーダーを育成し、彼らに必要な支援や経営資源を、彼らが必要とする方法で与えることだ

  • 静かなるリーダーシップ

10 大きな夢を持つ

大きな夢は大きな目標、大きな希望、そして大きな喜びである
感想

仕事と人への思い入れと情熱に溢れた著者がスターバックスを地方チェーンから世界一へのコーヒーチェーンへと導いた軌跡。著者がその中で見つけ、守り続けている原則。全ての働く人に読んでもらいたい。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く