安楽椅子ファンタジー

4551viewsくまくまくまくま

このエントリーをはてなブックマークに追加
鏡のむこうの最果て図書館 光の勇者と偽りの魔王 (電撃文庫)

 自分がいつからそこにいるのかも分からない、魔物が司書をする最果て図書館の館長、ウォレスは、倉庫の中に不思議な姿見を見つける。そこに写っていたのは、はるか遠く、はじまりの町に住む魔女見習いのルチアだった。
 鏡を通じた交流の始まった二人は、はじまりの町にやってきた勇者候補一行に介入することで、魔王と勇者の物語に関わっていくことになる。

 第25回電撃小説大賞銀賞受賞作。安楽椅子探偵ならぬ安楽椅子ファンタジーとでも呼ぶべきか、自分は図書館の中にいながら世界の物語が紐解かれていく。実際に物語を進めるゲストキャラのストーリー選択が、続編を作っていくうえでポイントになりそうな気がする。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く