IT用語が苦手な新入社員、IT部門で働く方にお勧めの一冊

5025viewsharaitasennseiharaitasennsei

このエントリーをはてなブックマークに追加
IT用語図鑑 ビジネスで使える厳選キーワード256

非IT部門の人間がIT部門の部署と打ち合わせをする際に、
カタカナ、専門用語が多く時々何を言っているのか分からず
流すことがある人もいるのではないでしょうか?

本書では1ページにつき1単語を基本にイラスト付きで解説されて
おり、会社のデスクに置いておくと便利だと思います。ITなの
だからインターネットで調べればいいとの声もありそうです、
本書前書きにあるように自分の興味を持っている分野以外でも
パラパラ目を通し気になったトピックを搔い摘める本形式は
読みやすく良かったです。

どんな構成で書かれているか?

IT図鑑では全256のキーワードが紹介されています。
第一章では「ニュースでよくわかるIT用語」と題し、最近
流行っているAIやビックデータ、BYODなどまとめられて
います。

第三章では打ち合わせ、ビジネス会話で活用できる、よく聞くで
あろう工数、人日、fix、RFPなどがまとめられています。

第四章ではWebサイトの用語、第五章ではセキュリティ項目、
第六章ではPC回りの用語、第七章ではIT業界の人物紹介です。

どこから読んでも問題なく読んだキーワードの関連ページが
さらに紹介されていくので順々に読んでいけます。また、
用語の使用例がお茶目で私は好きでした。

感想

すでにIT用語に知見のある人にとっては物足りないと感じるだろう。より詳細な内容が書かれている
本などの紹介があると面白いと思う。依然読んだ、基礎からのプログラミングリテラシー[コンピュータのしくみから技術書の選び方まで厳選キーワードをくらべて学ぶ! ]がさらに発展形だと感じたので、この本の後読むと更に理解が深まるのではないかと思いました。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く