泥棒、誘拐犯、なんでもござれ

3208viewskaerumamakaerumama

このエントリーをはてなブックマークに追加
ホワイトラビット

兎田孝則の、大事な新妻綿子ちゃんが、誘拐された。誘拐したのは、兎田の属している誘拐グループのボス、稲葉だ。稲葉が言うには、会社の金を事務員を誑かして横領した、コンサルタントの折田通称オリオオリオを探し出せば、綿子ちゃんを解放してくれると言う。
本来ならば彼を探し出して、綿子ちゃんが解放されるという、簡単な構図のはずだったのだが、様々な偶然が重なり、事態は混乱を極めていくこととなる。マスコミ、警察まで、騒動員。果たして、時間内にオリオオリオを見つけ出し、綿子ちゃんを無事に救出できるのか?

感想

泥棒や、誘拐犯が主人公になって、かつ、悪なのに憎めない、独特な世界観って、伊坂さんだけなのかなぁ。

ホワイトラビット

ホワイトラビット

  • 伊坂 幸太郎

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く