モテる男が実践している8つの技術

5683viewsTak ShoujiTak Shouji

このエントリーをはてなブックマークに追加
モテる男の技術

はじめに

この本では、モテる男を「女性を虜にする抱かれたい男」と定義しています。また、その場限りのテクニックよりも女性から愛されるための本質的な理念や行動に基軸を置いており、恋愛以外のコミュニケーション力UPにも有効です。
以下、個人的に印象に残ったキーワードを抜粋しました。

マメな男性はモテる

こまめにメールを返信したり、記念日を覚えておく、プレゼントを渡す。これくらいのちょっとした努力は誰でもできること。こういった日々のちょっとしたことの積み重ねこそが、他の何よりも大切なこと。

人の喜ぶことを実践

愛するとは「相手を喜ばせること」であり、素敵な女性に「自分は何をしてあげられるか?」を考え行動すること。愛する人だけではなく、周りを注意深く観察して、自分の周囲の人全員に同じように接することが重要。

トップセールスマンのテクニック

優秀なセールスマンは、商品の前に自分を売り込む能力に長けている。彼らはよもやま話の中からクライアントの情報を収集して、相手が今誰かに聞いてもらいたいと思っている話を、先回りして聞くことができる。

押しの強い男はモテる

著者のこれまでの経験では、押し引きを考えるよりも、「押して押して押しまくる」人の方が圧倒的に好結果を出している。ただし、ただガツガツした男性と思われないように相手への興味、真剣な思いを伝える必要がある。

フラれる覚悟をもつ

フランス人は道でもカフェでもナンパをする。彼らは、「振られて傷つくよりも一人でいることの方が傍目にも自分としても辛い」と考えている。

愛されなくてもいいと開き直る

愛とは「愛すること」であり、自分が相手を愛するから、相手が自分を愛することになる。初恋というのは片思いが多いが、それでも純真無垢な思い出として残るのと同じように人を愛すること自体が喜びのはず。まずは「ギブ・アンド・ギブ」を実践することがスタート。

彼氏がいても気にせずアタック

どんなにラブラブでも恋愛に悩んでいない女性はいない。まずは男友達となり親身に耳を傾けていたら必ず相談相手としてのポジションが回ってくる。この役回りは自分をアピールする絶好のチャンス。

自分から挨拶する

男性には挨拶の価値をしっている人間とそうでない人間の2種類がいる。挨拶は会話のスタートラインであり、スムーズに会話に入るための必要条件。気軽にあいさつを交わす習慣こそが、好印象や親近感につながる。

モテる男の技術

モテる男の技術

  • アダム徳永

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く