なんとなくワードプレスを使っているあなたに読んで欲しいです!!

3984viewshalmahalma

このエントリーをはてなブックマークに追加
基礎からのプログラミングリテラシー[コンピュータのしくみから技術書の選び方まで厳選キーワードをくらべて学ぶ! ]

第1章 コンピュータのしくみ
~割愛~

第2章 プログラムのしくみ
~割愛~

第3章 アプリケーションが動くしくみ
~一部抜粋~
〇webアプリとスマートフォンアプリ
・webアプリの特徴
ショッピングサイトでの購入手続きやブログの入力など、webサーバーでプログラムを実行して処理を行う。
webブラウザがインストールされている端末であれば、パソコンとスマホの違いを意識する必要がなく、端末の性能に影響を受けない。
ただし、インターネットに接続できていない状態では、使えないというデメリットもある。

・スマホアプリの特徴
利用者がアプリをダウンロードして端末にインストールする。
アプリが単体で動作する場合は、インターネットに接続していなくても使用できる。
スマホアプリにはwebアプリの機能に加えて、端末がもつプッシュ通知や位置情報といった便利な機能を利用できるという特徴がある。
開発者としてはiphone、androidそれぞれのアプリを提供する必要がある。
利用者のOSのバージョンによっては動かない可能性も考える必要がある。

最近では、Webサイトを使って広く浅く顧客を獲得し、
利用頻度の高い利用者に対してはアプリをインストールしてもらって長く使う工夫をするなど、
実行環境に使い分けている企業も出てきている。

〇HTMLとHTTP
・webページを記述するHTML
インターネットでwebサイトを閲覧するとき、webブラウザでURLを入力したり、
リンクをクリックするとWEBサーバーにページの内容を取得する要求が行われる。
これに対し、WEBサーバー側では要求されたファイルを送信し、そのファイルをWEBブラウザが解釈して表示する。
このときに用いられるファイルはHTMLという言語で記述される。

・CSSでデザインを決める

・HTMLなどをやりとりするHTTP
利用者がURLを入力してから、WEBページが表示されるまでには裏側で以下の処理が行われる。
1、URLからDNSを使ってIPアドレスを取得する。
2、IPアドレスにあるコンピュータのポート番号80番にアクセスしてWEBサーバーに接続する。
3、WEBサーバーからの該当のファイルを取り出し、その内容を送信する。
このときに使われるのがHTTPというプロトコル。

〇SSLとHTTPS
・通信の内容を秘密にする暗号化
クレジットカードなどの情報を第三者が見ても理解できない形に変換することを「暗号化」、元に戻すことを「復元」という。
暗号には鍵をかけるが、その鍵をどうやって相手に渡すかという鍵配送問題が発生する。
公開鍵暗号方式では
①送信者が暗号鍵を要求
②受信者が暗号鍵を返信
③送信者が公開鍵で暗号化して
④送信者が暗号文を送信
⑤秘密鍵で復元
という手順で処理される。

受け取った暗号文はペアとなっている秘密鍵でしか復元できず、この秘密鍵を持っている人しか、データを復元できない。

・WEBでよく使われるHTTPSとは
公開鍵暗号方式と秘密鍵暗号方式を組み合わせた手法としてSSLがあり、最近では次世代規格であるTSLが使われている。
これをWEBにおけるHTTPと合わせて使用しているのがHTTPSで、
WEBブラウザでは南京錠のマークを表示して安全性をわかりやすく伝えている。

第4章 開発スタイルと仕事像
~割愛~

第5章 開発ツールと業界標準
~割愛~

第6章 技術書の種類と選び方
~割愛~

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く