頭の良さをフェルミ推定で手に入れる

3699viewsotosulaotosula

このエントリーをはてなブックマークに追加
地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」

筆者が考える頭の良さのうち「地頭力」を鍛えるための本。思考ポイントである「結論から」「全体から」「単純に」を学べる。

1章:「地頭力」とは何か

○頭の良さは「知識力」「対人感性力」「地頭力」
○地頭力は「知的好奇心」+「論理思考力」「直観力」+「三つの思考力」の階層構造
○三つの思考力は「仮説思考力」「フレームワーク思考力」「抽象化思考力」
○「対人感性力」と「地頭力」を軸とした面を鍛えることが現代において重要

3章:フェルミ推定でどうやって地頭力を鍛えるか

○例題「日本全国に電柱は何本あるか?」
○フェルミ推定のプロセスは「アプローチ設定」「モデル分解」「計算実行」「現実性検証」
○プロセスの中に「三つの思考力」が含まれている
○プロセスを重視する考え方になろう

5章:「結論から考える」仮設思考力

○今ある情報で仮説を設定し、仮説の検証と修正を繰り返し、最終結論に至る
○仮説思考とは逆算。◆はじめからではなく「おわり」から、◆できることではなく「やるべきこと」、◆自分からではなく「相手」から、◆手段ではなく「目的」からを考える
○①少ない情報からでも仮説を立てる。アウトプットまでを一気通貫で考えておく
○②前提を決めて前に進む。前提とは「課題を定義する」こと。立ち止まらず進む
○③限られた時間で答えを出す。完璧主義を捨てる
○最初の仮説にこだわらない。否定すべきは否定して、変えるべきは変えていく
○情報コレクタ → 少ない情報でも仮説を立てる(うそでもいいから。落としどころは)

6章:「全体から考える」フレームワーク思考力

○対象とする課題の全体と捉えて適切な切り口に分解する
○①全体から部分を考える:全体は一つだが部分は無限。全体から部分へ視点を移動すること
○②切り口を選択する:経験からくるアート
○③分類:足し算の分解。MECE。粒度を合わせる。狭義のFWを活用する
○④因数分解:かけ算の分解
○⑤ボトルネック思考:全体の精度を意識してボトルネックの精度を上げる

7章:「単純に考える」抽象化思考力

○対象を抽象化して考えることで根本的な解決策を出す。
○①モデル化:単純化。解決が容易になる。応用範囲が広がる
○②枝葉の切り捨て:モデル化する際に本質と関係ない部分を切り捨てる
○③アナロジー:世界は表面的には異なるが根本は共通が多い。自分は特殊という考えを捨てる。
○30秒で説明できれば抽象化できている。

8章:地頭力のベース

○第二層は「論理思考力」と「直観力」。
○「論理」は当たり前、誰がやっても同じ(守り)。「直観」は人によって異なる(攻め)。
○最下層は「知的好奇心」。知的好奇心も2種類ある。
○What型好奇心:知識を得ることへの好奇心。
○Why型好奇心:問題解決の好奇心。Why型好奇心な人になろう。

9章:更に地頭力を鍛えるために

○フェルミ推定を考え方のベースにする(学んでも活用しない人が多い)。
○フェルミ推定で数字に強くなる。計算する癖を。
○フェルミ推定以外のツール

  • エレベータテスト(30秒で説明する)
  • 3つの理由で述べる(数の宣言、人の短期記憶の数、3の収まりのよさ(世界は3次元))
  • 一枚の絵で説明する(キラーチャート)
○「地頭力」で考えて「対人感性力」で行動する(例えば、一般化して考えるが個人は特殊)。

おわりに

○「地頭力」とは「離れて考えること」。

感想

フェルミ推定を中心とした思考法の説明がメインであるものの、地頭力の三層構造や、対人感性力、知識力まで触れ、地頭力を鍛えることが重要と認識させられる内容。知的生産性を上げたい方におすすめ。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く