技術書を読み切るための基礎知識が分かりやすい

6000viewsharaitasennseiharaitasennsei

このエントリーをはてなブックマークに追加
基礎からのプログラミングリテラシー[コンピュータのしくみから技術書の選び方まで厳選キーワードをくらべて学ぶ! ]

プログラムを学ぶにあたって、初心者には難解な用語が多く出てきます。
網羅的に学ぶにあたって中々良い入門書がないと思っていました。

【読むべきおすすめの人】
IT担当になった非IT担当の方や、最近、ITの勉強したい方が良いのでは
ないかな。

本書、「基礎からのプログラミングリテラシー」ではIT案件で一度は
出てきてスルーした用語が解説されおり、全く聞いたことのないような
難解な用語は記載されていない印象です。

最近の話ですがpython系の勉強をしたく、Google Colaboratoryを使用し始めました。
意味も分からず、書いてある通りunixコマンドを使っていましたが、その意味を
本で理解できました。
WebサーバーのOSはLinuxをはじめUNIX系のOSを使っている為なんですね。

さて、今まで分からなかったなぜ?わからないが分かるようになる
構成になっています。以下、構成紹介です。

1.コンピュータのしくみがわからない
2.プログラミングのしくみがわからない
3.アプリケーションが動くしくみがわからない
4.開発スタイルやエンジニアの仕事像がわからない
5.業界の標準やツールが知らない
6.プログラミング書籍の選び方がわからない

全6章に沿って、キーワードを解説しておりより詳しい内容が知りたい
方々に向けて、参考図書が記載されています。
この用語毎に参考図書は他の本ですとなかなか見たことがなく、1つの情報から複数の情報を取捨選択できる作りになっています。

感想

プログラミング言語を覚えるにあたって、その他紐づけるための知識が多くあると思います。
まんべんなく勉強するための基本の一冊になり、会社のデスクにおいておく一冊になりました。
4月末で関連書籍もいくつか買ってしまいました。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く