社会を変えるヒント! 「働きながら、社会を変える。――ビジネスパーソン「子どもの貧困」に挑む」

4363viewshisahisahisahisa

このエントリーをはてなブックマークに追加
働きながら、社会を変える。――ビジネスパーソン「子どもの貧困」に挑む

はじめに

 外資系証券会社に勤めていた26歳の著者が自主的に開いていた勉強会で偶然、日本の児童養護施設の現状を通じて子供の貧困を知る。
 それから周囲を巻き込みながら、自分達がこの問題に対して出来ることを模索し、会社に勤め、本業に従事する傍ら、子供の貧困解決のため、寄付やキャリア教育をパートタイムで行うことになる。
 本書はその奮闘ぶりや実際に日本で起こっている子供の貧困をめぐる問題について、豊富なデータ分析がなされている。また、働きながら社会を少しずつ変えていくための、私達が出来る具体的なアクションについても述べている。
 

ポイント

 本書は全3部、12章からなる。
 第1部 体験
  1.仕事をしながら社会を変えよう
  2.日本の「子供の貧困」
  3.児童養護施設に住み込みをしてみた
  4.現場から見えてきたこと
 第2部 分析
  5.五人の子供の物語
  6.背景にあるものは何か
  7.虐待を受けた子どもの特徴
  8.施設はどう運営されているか
  9.ハードな仕事をこなす職員たち
 10.施設内虐待の悲劇を防げ
 第3部 行動
 11.僕たちにできること
 12.実践・パートタイムの社会貢献

・ポイント1
 本書は、第1部で子供の貧困という問題に気づき、現場に住み込んで子供達や職員たちの現状を知り、自分達ができることを見つけ、第2部では日本の子供の貧困に関する分析がなされ、第3部で問題に気づいた我々が実際にアクションを起こすための方法について言及されている。
・ポイント2
 今の仕事をやめたくないけど、社会貢献などのやりがいのある仕事にも関心があるという人に気づきの多い内容となっている。
・ポイント3
 日本の子供の貧困について、その原因や法制度、虐待を受けた子供の特徴や施設に働く方の現状が分かりやすく書かれている。

感想

 個人的には、日本にも貧困者がいるとは知ってはいたものの、途上国ほどではないだろうと思い込んでいたが、本書を読んで自分がいかに無知であるかを知った。
 それにしても、著者は非常にパワフルであった。外資系金融機関という激務の傍ら、このような素晴らしい取り組みを行っていることを知って、同い年である私も非常に刺激を受けた。 
 今注目の社会起業やプロボノについて具体的にイメージできるとともに、日本の子供の貧困について、データ分析が行われていたり、法制度なども詳しく書かれているので、現状を知るには最適だ思う。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く