飽きたらやめる。24時間をワクワクで埋めろ

7812viewsayatealogayatealog

このエントリーをはてなブックマークに追加
多動力 (NewsPicks Book)

・自分が手がけているプロジェクトを紙に全て書き出してみよう。すでに発見されているノウハウをわざわざ生み出そうとしていないか?時間の無駄だ。
・あなたにしかできない革新的な仕事はできているか?
・とにかく初めてしまえば、必要な知識やノウハウは後からついてくる。
・3つの肩書きを持てばあなたの価値は1万倍になる。
・1日6時間やったと考えて五年。1つの仕事を集中してやればその分野に長けた人になれる。
・100人に1人の存在を3回掛け算すれば1万人に1人の存在になれる。
・ここまですれば価値と給料は驚くほど変わる。
・肩書きを重ねるごとに自分はレアな存在になれる。
・あなたの肩書きを紙に書き出してみよう
・理想の肩書きを書き出してみよう。
・その肩書きを手に入れるために計画を立てよう。具体的に。
・自分でやらないといけない症候群が多すぎる。自分の貴重な時間は自分の強みが一番発揮できる仕事に集中左折べきだ。
・自分にしかできない仕事以外は他人に思いっきり任せよう。
・あなたが抱えてるタスクを書き出し、そのうち、他の人ができるタスクは赤で塗りつぶそう。
・たまに手を抜くこと。緩急を使い熟すことこそ仕事の本質
・仕事で目指すべきは完璧ではなく、完了。
・準備が足りないからと足踏みしていたらいつまで立っても満足できない。やりたいと思ったら今すぐやってしまおう。
・とりあえず初めてみて後から修正して行きましょう。を口癖にする。
・もし明日から1ヶ月休みになったら何がしたいか1つ思い浮かべよう。
・そしてそれを今日から実行しよう。
・飽きっぽい人ほど成長する。飽きたらすぐすてること。
・成長が早かったり、絶えず新しいことを仕掛けている人はみんな飽きっぽい。
・点と点をつなげていくといつの間にか線になる。
・飽きたことノートを作ってみよう。可視化しよう。
・飽きたことノートは成長ノートだ。
・1日からワクワクしない時間を減らしていこう。
・24時間を事細かに書き出していこう。そしてワクワクしないことを赤で塗りつぶそう。そしてワクワクだけで埋め尽くそう。
・電話をかけてくるやつとは関わるな。あなたの時間を奪うだけだ。
・他人の目を気にしすぎて自分の時間を過ごせてない人が多すぎる。
・へんなやつとは付き合わないことにする。
・会うことにワクワクしない人には合わなくていい。「付き合わなくてもいい人」を決めることがあなたの生き方を決める。
・やらないことを決めるだけで進むべき道が見えてくるのだ。
・教養がないものは奴隷になる。
・教養を身につけるだけでは意味がない。目の前の仕事に落とし込もう。
・知らないことは恥ではない。どんなことでも質問するくせをつけよう
・子供は「なんで?」と質問しまくるから成長が早い。
・完結な文章を書く練習をしよう。長いと疲れる。
・会議では感情論が問題解決をすることはない。
・質問の際はロジカルで攻める。
・仕事の速さはリズムで決まる。だからこそ電話をかけてくるやつとは絡まない。
・暇な人ほど返信がはやく、忙しい人ほどレスポンスがはやい。
・仕事ができる人は仕事をためない。
・ものごとを継続する際は時間を短縮するよりもやり方を一工夫してストレスをなくす方が重要だ。
・やりたくないことはやらない。付き合いたくない人とは付き合わない。さよならストレス。
・あなたが多動になるための最大のハードルは「他人にどう見られるか?」という感情だ。はっきりいうと、誰もあなたには興味がない。好きなように生きて思いっきり恥を書こう。
・成功してる社長にはバカが多い。
・小利口はバカに勝てない。
・できるかどうかは別にしてとにかく手をあげよう。
・最初は勇気がいるが、まずは一歩を踏み出すことが重要だ。
・未体験を予定を詰め込んで見たことのない景色をみよう。
・今を楽しむことだけが全てだ。好きなことだけやっていると手元に何かが残るのだ。
・今が全てであり、将来の夢や目標なんていらない。
・とにかくうごけ。

感想

必読のビジネス書。
もう昔のような精神論は、いらないんだ。好きなことやっていいんだ。と
思えた本です。
この本を読み、半年がたちました。
本の言うとおり、飽きたらやめ、
好きなことに時間を費やすようにしました。
前よりも成長スピードが上がってる感覚あります。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く