Google流 疲れない働き方

4345viewsペンギン丸ペンギン丸

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google流 疲れない働き方

効率的に生産性の高い業務の進め方

内容紹介

「疲れる組織」「やる気の出る組織」の違い

●グーグルは、「社員の体調・メンタルの管理」も先進的!
「いつも10倍の成果をめざす」「優秀な人も多く競争も激しい」など、実際には心理的なストレスも多そうなグーグル社ではありますが、その分、会社も「社員がストレスをためない取り組み」を多くやっています そうしたグーグルの取り組みから、個人でもマネできるもの、などを中心に紹介します。

●「疲れる組織」と「疲れない組織」は何が違う?
日本の会社は「疲れる組織」「疲れる働き方」が多い。いくら健康体でいても、組織が「疲れる組織」であれば、元も子もありません。ご自身がマネジャー・リーダーであっても、一般の社員であってもできる、「疲れない組織」にする方法も紹介していきます。

▼内容構成
序章 なぜ、毎日疲れるだけで、成果も上がらないのか
・日本のサラリーマンは世界と繋がっている自覚がない
・我慢するのは「ずるい」

第1章 3倍の成果を出すための「集中力」と仕事のマネジメント
・フロー状態に入って3倍の成果を出す
心理的安全性があれば、フロー状態に入りやすくなる
・会議の前に瞑想
・たいていの人は8時間のうち30分しか集中していない
・直感で動くモルガンスタンレーのトレーダーたちの瞑想の習慣
・スキルと難易度のバランス
・集中できる時間を作る
・集中度合いでやる仕事の内容を決める
疲れたらサボろう
・これからロジカルよりも直観を大事にすべき理由
・1分で仕事をしながらでもできる瞑想
周辺視野でみる
歩きながらのボディスキャン
混雑している道をマインドフルに歩く

2章 疲れる組織と疲れない組織
・シリコンバレーのマインドフルネスは「自己チュー」
・自分ではなく相手に集中する
・日本企業の不正の根底にあるもの
・疲れない組織をつくる上司がやっていること、言っていること
・部下をサポートするのが上司の仕事
・お客様は神様ではなく、パートナー
・振り回されないためのグーグル的営業メソッド

3章 確実に自分をチャージする食事・睡眠・運動の習慣
・Googleが食事・睡眠・運動を大事にする理由
・意識しなくても健康的に食べられるGoogleカフェテリアの秘密
・自分の好きなスペースを作る
・軸を作る
・食事のバランス
・PDCAの「P」はいらない
・誘われるより、誘う方がいい
・上手くやっている人は「混ぜる」
・自分から動けば疲れない
・先回りして用意する
・マラソンではなく、スプリントを繰り返す

4章 疲れない働き方
・「変人」のほうが楽なワケ
・仕事に意義を見いだせず、他人の都合で動くと疲れる
・自分の市場価値を高める
・4つのピラミッドで、自分の人生をコントロール
・あなたにとって仕事とは何ですか?
・あなたは世界に何をもたらしたい?
・仕事と趣味の間に境界はない

感想

ちょっとGoogleで働いてくる。

Google流 疲れない働き方

Google流 疲れない働き方

  • ピョートル・フェリークス・グジバチ

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く