現在の自分は、どの自分ですか?

4620viewskaerumamakaerumama

このエントリーをはてなブックマークに追加
空白を満たしなさい

土屋徹生は、生き返った。3年前に亡くなった、夫が生き返った事に、当初妻は、困惑している様子だった。それもそのはず、徹生のの死因は自殺だった。妻は、自分を責め続けていた。子どもも生まれ、仕事も紆余曲折はあったものの、それなりに成果をあげ、これからだという時、そう、幸せの絶頂だったはずの自分が、自殺する事なんてあり得ない、そんなはずはない、殺されたんだという、疑念が拭い去れず、自分の真実の死因を調べ始めた、徹生だったが。

感想

自分という人間に自信がなくなり、追い込まれた時に分人という考え方はありなのかもしれない

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く