【SF】近未来の掃除屋の物語③

2848viewsペンギン丸ペンギン丸

このエントリーをはてなブックマークに追加
プラネテス(3) (モーニングKC (863))

ざっくり三行で解説

燃え尽きた
忘れられない人がいる
会いに行こう

内容紹介

2070年代、人間は地球圏を月面にまでようやく押し広げていた。
夢とエゴに満ちた航宙士志望の青年・星野八郎太(通称ハチマキ)の成長を軸に描く、「惑う人々(プラネテス)」たちの物語。「SF」を一段階進めた大傑作。
2002年度星雲賞コミック部門受賞。2003年にはNHKでアニメ放送開始。そのアニメも2005年度星雲賞メディア部門受賞。同賞の原作・アニメのW受賞は『風の谷のナウシカ』以来だと評判になった。

木星往還船搭乗員試験に合格したハチマキ。自分を駆り立てる熱を失ってしまったまま、デブリ回収船を離れ、訓練に入った。怒り、不安、焦り。得体の知れない黒いモノが彼を襲う。いつしか、自分がどうしてここにいるのかさえも見えなくなっていった。そして、ハチマキはひとりの女に会うため、地上へ降りる。彼女の名は、田名部愛。ExtraPhase「赤い星、白いタマ」も収録。

感想

段々哲学的になっていきます。
人生が詰まっている漫画。
読まないのは本当にもったいないと思います。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く