部下がアイデアを出せるようになる教育方法

4964viewshisahisahisahisa

このエントリーをはてなブックマークに追加
アイデアマンのつくり方

アイデアシップは部下が自信を持てるように環境を整え、そっと背中を押してやる。

自分には能力があると思っているかどうかが、勝負の分かれ目。

命令するのではなく、部下本来の力を引き出してやること。やり方を支持するのではなく、枠を取っ払ってやること。先導するのではなく、背中を押してやること。

会社を動かす主人公だと思わせる。

仕事と遊びを区別してはいけない。

黄金律に従おう。何事でも人からしてほしいと望むことは、人にもその通りにせよ。

部下を才気あふれるアイデアマンとして扱う。

この上司と一緒に仕事をしたいと部下が自分から思うように。

部下に好かれよう。そのためには部下を好きになればいい。

非難は自分のものに、賞賛は部下のものに。

好奇心の強い人、同僚とうまくやっていける人、採否を決める面接の際には、チームを組むことになる人が複数であっておいたほうがいい。

才能にとって、賞賛は命であり、息吹である。ことあるごとにほめられて育った子供は、ことあるごとに叱られて育った子供より知能が高くなる。ほめるという行為には、人の能力を引き出す力がある。

失敗する自由を持たせよう。

会社やあなたの目的ではなく、部下自身の目的を大事にしよう。

部下が友達であるほうがずっと楽しい。

承認というステップはできるだけ減らそう。

会社を社員のものにしよう。

規則なんて窓から捨ててしまおう。職場の規則はできるだけ少なくしよう。

部下の学習意欲には費用援助で応えよう。

唯一のアイデアではなく、たくさんのアイデアを出してもらおう。

そんなの簡単だと思わせよう。この仕事は難しいよと言って仕事を与えたら、部下はこの仕事は難しいという先入観を抱く。やらなくてはならないことは簡単だと常に考えよ。「個の問題には様々な面からのアプローチが可能だと思う。君ならきっといいアイデアがいろいろ出せるはずだよ」と言おう。

提案が気に入らなかったときも、「なるほど、こうきたか。いいねぇ。この作品をなくさないようにちゃんと保存しておいてくれよ。で、他にはどんな可能性があるのかな?」頭から却下してはいけない。

一つの仕事を寝かせている間に取り組める別の仕事が必要。部下には一度に複数の仕事を与えよう。

状況が整うのを待つことはない。一人立ちせざるを得なくなる前に、積極的に一人立ちさせよう。

職場に今日は学校がお休みという雰囲気を作る。

アイデアマンのつくり方

アイデアマンのつくり方

  • ジャックフォスター

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く