部屋のお片づけは人生のお片づけ

4051viewskaerumamakaerumama

このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたの人生、片づけます (双葉文庫)

ケース1清算
大手生命保険の広報部に務める永沢春香のマンションの部屋は、足の踏み場もない状態だった。づっと隠し続けていたが、実家の両親の知れるところとなり、大庭十萬里を紹介される事となった。断捨離本などを出しているカリスマだ。
春香には、5年もの間社内不倫をしていた。いづれ妻と別れて結婚してくれるというのだが、若い派遣社員が現れてなんだか雲行きがあやしい。
ケース2木魚屋
妻に先立たれた、木魚屋を営む国友展蔵。彼の元にも、大庭十萬里がやってくる事となった。仕事と子育てを両立させている娘が、妻なき後、忙しい時間をぬってやってきたいたが、どうやら、それも限界が来ているようで、娘からの依頼でくる事となった。どうも、孫の様子がおかしいらしい。
ケース3豪商の館
78歳の三枝泳子の家にも、大庭十萬里がやってくる事となった。娘が頼んだという。しかし、泳子の家は、独り住まいで、旧家の屋敷。収納もたくさんあり、散らかった家ではなく、きちんと片付けられている。なぜ、娘は、呼んだのか?
ケース4きれいすぎる部屋
義母が嫁が育児家事放棄をして、悲惨な状態になっている、息子の家の片付けを大庭十萬里に頼んだ。十萬里が踏み入れた家は今までとは違った何か大きな問題を抱えていそうな家だった。

感想

生活の中心、部屋が乱れるのは、やはり、人生が狂ってくるかはず!

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く