親御さんは無意識のうちに「子どもを従わせたい」という価値観を押し付けてはいないだろうか。

29235viewsトモコトモコ

このエントリーをはてなブックマークに追加
自衛隊メンタル教官が教える 人間関係の疲れをとる技術 (朝日新書)

親子が折り合うコツ―親へのヒント

親が攻撃を受けることで、子どもを支えている

 自分の娘や息子から、「自分がこんな風になったのはあなたの育て方が悪かったからだ」と言われたり、そう思われたりすることは、とてもつらく、悲しいことだ。けれども、実際は、「毒親メカニズム」という現象があり、成人になったら自分の子どもから攻撃を受けている親御さんも多く、また相談も増えている。

 現在、攻撃を受けているお父さん、お母さんに知ってほしいのは、まずはこの「毒親メカニズム」のことだ。
 本当は自分自身のエネルギーの消耗で、人生に疲れているお子さんが、自分への攻撃の一部を、親に回しているのだ。お父さん、お母さんは、攻撃を受けることで、実はお子さんを助けている。
 そのことを説明すると、親御さんの表情が少しだけ緩む。
 人は、意味のない苦しみには耐えられないが、意味がある苦しみにはある程度耐えられるようになる。もちろん、つらいことに変わりはないが、「それがわが子を支えている」という発想は、折れそうな心の支えになる。

 もう一つははたから見ていても気が付くことがある。
 それは親御さんのこだわりが、子どもの怒りを刺激していることが多いということ。
 お父さん、お母さんが無意識のうちに「子どもを従わせたい」と自分の価値観を押し付けていないかを、気をつけてみてほしいのだ。
 例えば、親は、未婚の子どもがいると、「結婚しなさい」「家庭を持ちなさい」などと、言いがちである。もちろんその裏側には愛情があり、子どもの将来が心配だからこそ、つい言ってしまうのはわかる。
 けれども、こうした親の価値観自体、すでに若者に合わない可能性があるのだ。私などは、あと数十年したら、結婚する人はほとんどいない世の中になっているかもしれないと真剣に予測している。結婚という形態にあまり利点がなくなりつつあるからだ。実際、未婚率はかなり伸びている。

 他にも、「安定した会社に入りなさい」「仕事は続けなさい」など、これまで一般的だった大人の価値観が、若者に合わなくなってきている。世の中の変化が著しいのだ。
 子どもの価値観が親と違うのは、それなりの理由がある。
 価値観の相違はどんな親子にも存在する。双方が歩みよることが理想だが、普通は余裕のあるほうが、相手の価値観に合わせることが多いだろう。そういう意味からいうと、今は、子どもに余裕がないのだ。一見、大人になって立派に社会で生活してはいるが、いろんな不安を押し殺しながら精一杯頑張っている。そんな子どもに親の価値観を押し付けても反発されるだけだ。
 ところが、親もなんとなく困っている子どもを見て、親の価値観で「結婚でもしたら落ち着く」「安定した会社に就職しないからだ」などと、解決策を伝えたいのだ。だからどうしても、しつこくなってしまう。

 ここは、今の時点でまだ余裕のある親御さんのほうが、自分の価値観を柔軟にしてほしい。子どもには、子どもの都合がある。子どもの価値観がある。それを尊重してあげてほしい。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く