自信には3つの自信がある

45852viewsトモコトモコ

このエントリーをはてなブックマークに追加
自衛隊メンタル教官が教えてきた 自信がある人に変わるたった1つの方法

はじめに

 何らかのきっかけで自信を失うことは、誰にでもあります。
 本来自信を持って生きてきた皆さんが、
・どのような経緯で自信を失い、生きる気力さえなくなっていくのか
・何がきっかけで、失った自信を取り戻していくのか
・どのようなことをすれば、自信回復を促進できるのか

 世間的な成功者が紹介してくれる自信育成法は、ご自分が登ったルートを山頂から教えてくれるようなものです。
 それに対して本書で紹介するのは、一般の人がどこでつまずき転びやすいか、どうすれば気力を維持できるか、どうすれば自分に合ったルートを見つけることができるかなど、登山者に寄り添う「ガイドの位置」からお伝えすつ情報です。
 ですから、本書を読んだからといって、何かの分野でナンバー1になれそうな予感がするわけではありません。
 ただ、今よりも少しだけ「自分の生き方に自信を持って生きていける、安心して生きていける、将来にも希望を感じる」ようになっていただくことはできると思います。

#本書の読み方
 本書で紹介するのは、考え方と技術です。考え方は、すぐに理解できると思います。しかし、技術は、習得まで時間と練習が必要です。
 あなたのエネルギーや経験値、価値観の固さにもよりますが、一般的に言うと
・40%の方は本書の第6章までを読んだだけで視点が変わっていく
・20%の人は第7章で紹介する自己評価法についてのトレーニングを生活で意識すると変わる
・20%の人はさらにいくつかのトレーニングともう少し時間をかけて練習が必要
・10%の人はもう少し基礎的なトレーニングから始める必要がある
・残りの10%の人は、今は自信回復のトレーニングができない健康状態にあるので、トレーニング前に疲労を回復し体調を整えなければならない。

自信には3つの自信がある

第1の自信 = 「できる」の自信

 課題ごとの「できる」「できない」に関する自信

第2の自信 = 「身体・生き方」の自信

 自分の身体や頭脳に関する自信
 健康で、身体が動き、人生をコントロールできる感覚
 →これが低下することは、特に男性にショック

第3の自信 = 「愛される」の自信

 人に愛されて、「人間関係」をうまくやれる自信
 若く美しく愛されていて、居場所がある感覚
 →これが低下することは、特に女性にショック

 第1の「できる」の自信がある課題でゆらいでも、第2、第3の自信がしっかりしていれば持ちこたえられるが、第2、第3の自信が揺らぐと、生きるのが急につらくなる。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く