あったかけんちん汁 居酒屋ぜんや

6763viewssyuyansyuyan

このエントリーをはてなブックマークに追加
あったかけんちん汁 居酒屋ぜんや (時代小説文庫)

居酒屋「ぜんや」の女将・お妙は、亡き夫・善助の過去について新たな疑念にとらわれ、
眠れない夜が続いていた。
そんななか、店の常連客である菱屋のご隠居の炉開きで、懐石料理を頼まれる。
幼い頃に茶の湯を習っていたお妙は、苦い思い出を蘇らせながらも、
客をおもてなししたいというご隠居の想いを汲んで料理に腕をふるう。
湯葉の擂りながし、かますの昆布締め、牡蠣の松前焼き……
つらい時こそ、美味しいものを食べて笑って。
「ぜんや」がつなぐ優しい絆に心あたたまる、傑作人情小説第六巻。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く