フリーランスの笑うぶっちゃけ税金講座

14544viewsホタテホタテ

このエントリーをはてなブックマークに追加
フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。

第2章 カシコクいこう社会保険

フリーランスに関係する保険は2つ

・年金保険
・国民健康保険

保険料負担で毎年収入によって増減するときには...

・文芸美術国民健康保険組合など国保組合を検討すると良い!

年金の基礎知識

 民間の年金保険がいいか、国が保証してくれる年金保険がいいか。その選択は諸説紛々ではありますが、唯一はっきり言い切れるのが、「税金面でいえば、国の年金保険ほほうが絶対にお得」ということです。社会保険料控除で、保険料は全額控除することができますから!

 さらには、国民年金の場合にはプラス国民年金基金という選択もあります。
 国民年金基金とは、国民年金加入者向けに用意された、任意か加入の上乗せ制度です。ようは、国民年金に追い金払うからもっと保障を手厚くしてよってやつ。
 これも、掛け金は全額社会保険料控除の対象となるのです。しかも掛け金は自分で任意に設定することができて、それも毎年1回は変更することが可能なので・・・
 今年稼いだなぁって年は掛け金もどどんと増やして貯蓄がわりに支払っちゃえばいいのです。そうすりゃ将来の保険を手厚くしながら、同時に節税にもなって一石二鳥って寸法ですよ!

 将来への保障って意味だと、小規模企業共済ってものもあります。これは、自営業者のために用意された退職金積立制度みたいなもので、やっぱり掛け金は全額小規模共済掛金控除として、社会保険料控除と同様に控除できるようになっています。しかも掛け金はコイツも任意に変更できちゃうんですね・・・

第3章 記帳業務はシゴトの家計簿

領収書は額面15%の金券なのだ

 記帳は最終的には所得を求めるために必要です。
 所得は「売上ー経費」で出てきます。売上は銀行口座にあった入金を集計すればいいから、そんなに記帳的には手間じゃない。・・・とすると、所得を求めるためには「経費」が集計できればよいとなる。

 そこで領収書なわけですよ。
 この「経費」ってやつは、キチンと「何を何のために購入した」って証明できなきゃいけないので、必然的に領収書をかき集めることで積み上げていくようになるのです。領収書というのは、経費のもと。それをせっせかためこんで「売上ー経費」の式で「経費」部分をふくらませれば、必然的に所得が低くなってめでたく税金も安くなる・・・と。

 そう考えると、領収書ってのは政府からキャッシュバックしてもらえる金券みたいなものなんですよ。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く