未完成でもいいから、発信せよ!

12388viewshisap0hisap0

このエントリーをはてなブックマークに追加
ひとりビジネスの教科書: 自宅起業のススメ

薄利多売をやめる

 「松竹梅」の商品のことを、マーケティング用語ではそれぞれ、「バックエンド商品」「ミドルエンド商品」「フロントエンド商品」と呼びます。

 【商品の価格設定】
①フロントエンド商品(梅):低価格。まずお客様を集める入り口となる。
②ミドルエンド商品(竹):中間価格。バックエンド商品へとつなげる橋渡し。
③バックエンド商品(松):高額。利益が大きいので、経営の安定につながる。

 それぞれの価格は自分で決めればいいわけですが、目安は10倍、10倍。
 たとえば、フロントエンド商品が3000円だとしたら、ミドルエンド商品は3万円、バックエンド商品は30万円といった具合です。

 3000円のフロントエンド商品だけでせっせと「ひとりビジネス」をしている人が多いのです。それでは、いつまでたっても薄利多売です。数を売らなくてはいけませんから、きつい肉体労働になってしまうのです。
 最初にバッグエンド商品の価格を決めると、ミドルエンド商品とフロントエンド商品の価格が自然と決まっていきます。逆転の発想で、ゴールであるバックエンド商品の価格をいくらに設定するのかをはじめに考えましょう。
 実は「セルフイメージ」と商品の価格は、大きく関係しています。わかりやすく言うと、この最高金額がその人のセルフイメージを表しています。
 たとえば、ワンコイン(500円)がマックスだと思っている人は、自分の提供する商品も、自分自身もそれくらいの価値だと感じています。1000万円を提示する人は、自分が提供する商品も自分自身も、それくらいの価値があると信じています。

 誰も申し込まなくてもいいから、「高額商品」を1つ設定しましょう。それが、あなたのお金に対する心のブロックを解除します。

最強の「集客」とは、何か?

 答えは、ズバリ、これです。
「最強の集客とは、紹介だ!」

 なんだか、あっけなかったでしょうか?でも、実に深いなあと私は思います。
 集客のキモは、「自分ひとりで集めよう」とアクセクもがかないことです。「助けてください!」とさわやかにズーズーしくお願いしていくのがコツです。紹介してもらうのを恥ずかしがったり、ためらったりしてはいけません。

 紹介は、友人・知人だけでなく、お客さんにもちゃっかり、しっかりお願いしてみましょう。「紹介してください!」と。もちろん、新規開拓というベクトルも重要です。
 でも、新しいお客さんを探すという方向性に、8割から9割のパワーを注いでしまうと、集客の苦しみという無間地獄が出現します。
 それよりも、今かかわっている友人、知人、クライアント、お客さんをしっかりと、真心でフォローして、紹介してもらう!これです。もし紹介してもらえないようでしたら、あなたのやり方や普段のかかわり方が間違っています。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く