自分の能力を超える事をすれば、ムリになる

112680viewsトモコトモコ

このエントリーをはてなブックマークに追加
自衛隊メンタル教官が教える 心の疲れをとる技術 (朝日新書)

1章 ムリしすぎて潰れないために ―早め、早めに疲労をとる技術

(1)ムリを重ねる人の特徴

  • ムリを称える日本社会
  • 個人のムリは「四つの面」に表れてくる
  • ムリは三段階で進行する

  第一段階=普通の過労段階
  第二段階=別人の始まり
  第三段階=別人化

  • 組織への影響―ムリは知らない間に組織にも忍び寄る
  • ムリを重ねた人のその後の人生への影響
  • ムリを溜めやすい人の特徴①=「子供の心の強さ」しかない
  • ムリを溜めやすい人の特徴②=「短期目標」で乗り切る癖がある
  • ムリを自覚しにくい四つの理由①=人に備わった「麻痺のシステム」
  • ムリを自覚しにくい四つの理由②=疲労の質
  • ムリを自覚しにくい四つの理由③=比較によって評価する癖
  • ムリを自覚しにくい四つの理由④=疲労による負担感の変化
  • 「自分のせい」が短期的には一番楽
  • 「だったら、死んだほうがいい」と極端に考えてしまうメカニズム
  • ムリしなくても生きられるのに、ムリする矛盾の時代

(2)個人のムリの防ぎ方

  • 「ムリするな、なんてムリ!」と開き直る前にできること
  • ムリを防ぐには第2段階までが勝負―まず疲労に気づく
  • 「時間」で疲労を管理する
  • 「頑張らない自分」を認める―価値観の修正トレーニング
  • 具体的な目標設定で、自己評価を上げる
  • 「しがみつき」に注意
  • 「動」と「静」のストレスを解消法を持つ
  • 生きるために必要な「三つの自信」
  • 日本人の休み方の方法
  • 災害など、ムリ第3段階に達した場合は、専門家の力を借りる
  • しがみつきは、直そうとしない
  • 性格を直そうとしない

(3)組織のムリを防ぐために、上司がすべきこと

2章 感情のムダ遣いを防ぐ ―イライラや不安をとる技術

(1)怒り、不安・・・感情にとらわれる人

  • そもそも何のために感情はあるのか
  • 感情は大量のエネルギーを消費する
  • 感情疲労のムダ
  • 感情のムダは雪だるま式に拡大する
  • 現代人が感情疲労に蝕まれる理由

(2)感情のムダ遣いを減らす方法

  • 感情疲労を避ける三つのポイント
  • 怒りのメリット、デメリットを整理すると
  • 軍隊に学ぶ「ダメージコントロール」の手法
  • 手順効果を使った訓練

3章 ムラのある人から脱却する ―心の振れ幅を小さくする技術

(1)なぜムラが起こるのか

  • ムラがある人は周りの信頼を失う
  • ムラには二種類ある
  • 「過去の経験」と「エネルギー不足」という原因
  • 新型うつは、蓄積疲労型のうつ
  • 若者の新型うつのムラが、周りを疲弊させる構造

(2)自分に合ったムラ対策を

  • ムラを防ぐ自衛隊の「業務予定表」
  • 休息を計画し記録する
  • 「予備」の発想
  • 1年物のストレスと10年物のストレス
  • ストレス見積もり表をつくる

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く