ベストセラーの秘密は?

4212viewsさまりさまり

このエントリーをはてなブックマークに追加
本を出したい人の教科書 ベストセラーの秘密がここにある

本を書くにはU・S・P

〈ユニーク・セリング・プロボジション〉
=なかなかないこと、個々で売り込みできること

1、好きなことは何か(継続)
2、時間を忘れて没頭することは?(集中)
3、他の人がやっていないことで、自分がやっていることは?(卓越)
を考え、企画書を作成する

★プロデューサーの視点

・この人は実際に“体験”しているのか
→人生の浮き沈みの幅が大きいほど良い
・この人は実際、原稿を書けるのか
・誰が読んで買うのか

自分のポジションを明確にする

自分はどのタイプにいて、何%くらいずつ達成できているかを当てはめる

・カリスマタイプ〔自己啓発書向き〕・・・いるだけで崇められる、価値観重視

・大家タイプ〔ビジネス書〕・・・ノウハウを仕入れて学習する、やり方重視

・職人タイプ〔専門書〕・・・ひとつの技術を極める

企画書作成の要点

タイトル

・0.3秒でわかる、目を引くタイトル
・イメージしやすいもの
→新奇性(なるほど!)や共感性(そうそう!)

サブタイトル(補足)は3秒
キャッチコピー(帯)は30秒

企画意図『why』

・「なぜこの本が売れるのか」を書く
・△この本を出そうと思ったのか
→何が解決できるのか?読者にどうなってほしいのか?

文章を書くコツ

わかりやすくの法則

わ▶️私の体験したこと
か▶️感情に訴える
り▶️リアリティを出す
や▶️山場(メリハリ)を作る
す▶️好きな人をイメージして話しかけるように
く▶️具体的に書く

◎人に見せて感想を聞く 
◎読み手を意識して工夫する
◎一冊書いて見直し修正する

書いて書いて書きまくれ

・毎日書く、たくさん書く
・短い文章、箇条書きで書く
・オリジナル体験を書く

時代にのる

・ベストセラーに乗っかる

◎逆算式・・・その作家が書いて一番売れる本
↔️加算式・・・書きたい本

『難しいことを易しく、易しいことを面白く、面白いことを深く書く』

感想

他にも出版社への売り込み方や企画書作りのノウハウが紹介されており、読み進めるほど参考になる。目標を定めて目的意識を強く持つことが大切。また、成功をつかむために、自ら下ごしらえをする必要がある。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く