バレンタインにお馴染みの、うさぎの童話

3893viewsさまりさまり

このエントリーをはてなブックマークに追加
ピーターラビットのおはなし (ピーターラビットの絵本 1)

1901年に自費出版されて、現代にまで愛される、ビアトリクス・ポターによる名童話作品。

こうさぎの四きょうだいの微笑ましいおはなし。

いたずら好きなピーターは、お母さんのいいつけを無視して、マグレガーさんの畑に入り、野菜をポリポリ食べてしまう…。しかし当然マグレガーさんに見つかり、必死に逃げ回るピーター。さて、ピーターは逃げ切ることができるのか?

可愛らしいうさぎのタッチと、情景溢れる世界観に一気に引き込まれてしまうお話。
子どもから大人まで、楽しむことができる展開となっており、ピーターの行動にほっこりした。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く