〈めんどくさい〉はなくせる

4641viewsキャベツ生活キャベツ生活

このエントリーをはてなブックマークに追加
「めんどくさい」がなくなる脳

〈めんどくさい〉は脳をフリーズする…!

脳に癖をつければ〈めんどくさい〉脳を変えられる‥
自分の欲を2番目において「させられる脳」→『する、したい脳』にしよう!

〈めんどくさい〉をなくす意識の向け方

『わたしは何をしてもプロ』

→「一流なんだ」と思考を変える
→どんな状況でも自分はできる、と自己肯定する
→成長できない/〈めんどくさい〉から逃げても自分の可能性が狭まってしまう

〈めんどくさい〉から脱する習慣

□やるべきことを理解する
①書き出す
②1日の予定を作成する

□「すぐやる」ではなく、『すぐ準備する』

□今できること、したいことを優先する
→気分転換して「後にすること」をイメージ

□〈めんどくさい〉に向き合う
→何が面倒なのか、原因を口に出す

□「しなくてもいいこと」をする
→→習慣化する

◎脳にとってのご褒美は「これができたら○○しよう」ではなく、『早く終わった!』

□人のいいところをみる
→→ポジティブ眼鏡をかける、善と受けとる

□心地の良い場所をつくる

□天気予報は見ない

感想

著者である加藤俊徳氏は、医師、脳科学者であり「脳の学校」の代表を務める人物だ。その科学的な視点から〈めんどくさい〉と感じる脳に効果的な方法が多く取り上げられている。〈めんどくさい〉と感じることは決して自分が「ずぼらだから」ではない。意識的に脳に思い込みさせる、くせをつけることで、自然と無くすことができるということを学習できた。〈めんどくさい〉を改善したいと思っている人に是非おすすめ。そういったことを漏らしている人が周囲にいる、という人にも読んでもらいたい。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く