PHP研究所による「[新装版]社員稼業」の出版社まとめ

2083viewsPHP研究所PHP研究所

このエントリーをはてなブックマークに追加
[新装版]社員稼業

はじめに(旧版)

これまで私は、いろいろな機会に、たのまれて若い人たちに話をしたことが少なからずあるが、そういった話をまとめて本を出してほしいというご要望も多くいただいていた。

そこで今回、これまで私が若い人たちに話したもののなかから、とくに会社、商店などに勤める若者に話したものを中心にいくつかえらんで、本書をまとめてみたわけである。

標題の「社員稼業」という言葉は、あるいはききなれない言葉かとも思うが、これはかつて私が松下電器の社員に向けて話したものである。

その意味するところ、内容については、本文のはじめにくわしくのべているが、一言でいうなら、会社に勤める社員のみなさんが、自分は単なる会社の一社員ではなく、社員という独立した事業を営む主人公であり経営者である、自分は社員稼業の店主である、というように考えてみてはどうか、ということである。

そういう考えに立って、この自分の店をどう発展させていくかということに創意工夫をこらして取り組んでいく。

そうすれば、単に月給をもらって働いているといったサラリーマン根性に終わるようなこともなく、日々生きがいを感じつつ、愉快に働くこともできるようになるのではないか。

自分が社員稼業の店主であるとなれば、上役も同僚も後輩も、みんなわが店のお得意でありお客さんである。

そうすると、そのお客さんに対し、サービスも必要であろう。

第一、商品を買っていただかなくてはならない。

創意工夫をこらした提案を、誠意を持って売り込みに行く。

用いられたとなれば、わが店、わが稼業は発展していくわけである。

その発展は自分だけでなく、社内に及び、さらには世の中に広がっていく。

だからこの社員稼業に徹することは、自分のためにも、会社のためにも、社会のためにもなるわけである。

私は、こういうようなことを考えて、「社員稼業」ということを話し、提言したわけである。

現在、会社、商店などに勤める若い人びと、またこれから社会へ出ていこうとする若い人びとは数多くおられると思うが、私はそうした若いみなさんが力強く仕事に取り組み、楽しく生きがいを感じつつよりよき人生を歩んでいかれるよう願っている。

本書がそういう若いみなさんの何らかのご参考になれば、まことに幸せである。
  

昭和49年10月 松下幸之助

CONTENTS

・社員稼業ということ——序にかえて
・生きがいをどうつかむか
・熱意が人を生かす
・心意気を持とう
・何に精魂を打ち込むのか
・若き人びとに望む

中の人からの蛇足

私がPHP研究所に入社した時に、真っ先に上司から読めといわれた松下幸之助の著作がこの『社員稼業』でした。仕事の楽しさ、 厳しさ、 仕事と適性などを中心に、 働きがい、 生きがいを考えるうえで、若いビジネスパーソンにぜひ読んでいただきたい一冊です。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く