小山清『落穂拾ひ』 「僕」の日録とは?

5867viewsりすんりすん

このエントリーをはてなブックマークに追加
落穂拾い・犬の生活 (ちくま文庫)

きっかけは、ビブリア古書堂の事件手帖でした。作中の登場人物、志田の好きな本として『落穂拾い』は出てきます。

<あらすじ>
冒頭で、出来れば早く年をとってしまいたい、という「僕」は、好きだった人のことを語り始める。
僕は、いつも、本を読んだり散歩したりしてる内に日が暮れてしまう。
僕が外出から帰ってくると、F君からハガキが来ていた。F君は、かつて北海道の夕張炭坑に一緒にいった友人である。
夕張は、寂しい処だった。僕はそこで心細い困難な月日を送ったという以外、格別なことはなにもなかったのだが、僕は郷愁を感じている。
そして、夕張に残ったF君に思い馳せる。

私の住む下宿の隣の家には毎日本を読んでいる青年がいる。
大抵いつもひとり青年が机に向っている姿が眺められる。そしてそのさまが僕の眼を惹ひく。しかし僕と青年には何の触れ合いもなく、これからもないであろう。

僕はいま自炊の生活をしている。
そして、一日中誰とも話さずに過ごす事もある。遊びに出かけるような処もない。
僕の家から最寄の駅へ行く途中に芋屋がある。
爺さんが買出しに出かけて担いできたやつを、婆さんが釜で焼いて売っているのだ。僕は人に会いたくなると、ときどきそこへ出かけて行く。

そんな僕は最近一人の少女と知り合った。
少女はお勤めには向かないと自分で「緑陰書房」という古本屋を経営している。
僕の職業を尋ねた彼女に小説を書いていると言うと彼女は僕を応援してくれる。
僕の誕生日が10月4日だと知ると彼女は僕に
薬屋で買った耳かきと爪きりをプレゼントしてくれた。

以上が僕の最近の日録であり、また交友録でもある。実録かどうか、それは云うまでもない。

感想

『落穂拾い』の作者である小山清は太宰治の徒弟として知られています。
1952年(昭和27年)に『新潮』発表の「落穂拾ひ」などのほかに、『文學界』に発表した「小さな町」を発表し、私小説で作家としての地位を確立しました。

「落穂拾い」とは、穀物の収穫後、または収穫に加えるために、田畑に散らばる穂を拾い集めることです。

サイトにて、詳しく公開中。
https://blog.saitalk.com/entry/koyama01

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く