「四十八手」は、たんなる性戯や体位だけでなく、出逢いから始まる「色恋の物語」でもあった。

8096views芽土根土芽土根土

このエントリーをはてなブックマークに追加
春画の色恋 江戸のむつごと「四十八手」の世界 (講談社学術文庫) [kindle版]

最初の浮世絵師と呼ばれ、切手の「見返り美人」の作者で知られている菱川師宣の『恋のむつごと四十八手』を、第1図から第48図まで一手ずつ丁寧に紐解きながら、西川祐信、鈴木春信、喜多川歌麿、葛飾北斎など、後世の浮世絵師たちがそれらをどう画いたか、表現の変遷をたどる。
図版250点以上、カラー口絵あり

口絵
はじめに

第一部 菱川師宣の色恋四十八手――浮世絵前期の恋のかたち

●『恋のむつごと四十八手』の世界
第一図 逢夜盃【あふよのさかづき】
第二図 思比【おもひくらべ】
第三図 明別【あけのわかれ】
第四図 ぬれなづけ
第五図 四手【よつで】
第六図 茶臼【ちゃうす】
第七図 花月擬【くわげつのなぞらへ】
第八図 投足上【なげあしあげ】
第九図 君膝枕【きみのひざまくら】
第十図 曲茶臼【きょくちゃうす】
第十一図 後だき【うしろだき】
第十二図 寝入物【ねいりもの】
第十三図 顔隠【かほかくし】
……...
第四十八図 火燵隠【こたつがくれ】

第二部 西川祐信とその後の色恋四十八手――浮世絵中期以降の恋のかたち

●「色恋拾遺四十八手」の世界
巴取【ともえどり】
舌人形【したにんぎょう】
床柱【とこばしら】
搦手【からめて】
水揚【みずあげ】
新鉢【あらばち】
安宅【あたけ】
家鴨【あひる】
養子喰【ようしぐい】
階段遣【きざはしづかい】
縁先の恋【えんさきのこい】
笑い道具【わらいどうぐ】
……
江戸の色恋――あとがきに代えて
増補 浮世絵春画の見どころ読みどころ
解説 浅野秀剛

感想

著者の白倉敬彦は、岩見沢市出身の浮世絵研究者であり2014年に病没。本書は没後に文庫化されたもの。解説は学術文庫らしく、江戸時代の色恋の本質、師宣の色恋観と色恋表現に迫るもので、リアルな春画で愉しみながら江戸人の性意識や風俗を知ることが出来る。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く