大きく口を開けることによって滑舌が悪化する

932viewsabyssabyss

このエントリーをはてなブックマークに追加
「魅せる声」のつくり方 (ブルーバックス)

人が人を判断するとき、その人の内面まではなかなか見通せない。そこで「印象」は大きく人を左右する。

声の良しあしも「印象」を左右する要因の一つだ。

次の3つのポイントを押さえれば、どんなに声で損をしているひとでも、確実に印象を変えられる。
1 正しい呼吸法
2 正しい発生
3 正しい滑舌
ところが、

世の中に常識として普及している呼吸法、発生、滑舌の習得法は正しいとは限らない。

むしろ間違っているものも多い。

著者が「声のプロ」を目指す後継者の指導を経て、得られた独自の3つの新理論を紹介する。
1 正しい呼吸法は「笑うツボ」から
2 正しい発生は「舌の反り」から
3 正しい滑舌は「前位舌の克服」から

本書では日本語表現の豊かさ、奥深さをも追求し、「魅せる声」のメカニズムを解明する。

1章 すべては「呼吸」から始まる
2章 「発声」を変える新理論
3章 「滑舌」の敵ここにあり
4章 「母音」作成マニュアル
5章 「子音」作成マニュアル
6章 「鼻濁音」で美しく話す
7章 「無声化」で美しく話す
8章 「アクセント」で感情こめて話す

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く