全世界31カ国で出版された奇跡の実話

794viewsさまりさまり

このエントリーをはてなブックマークに追加
潜水服は蝶の夢を見る

『20万回のまばたきだけで自伝を作る』

・パリのファッション誌「ELLE」の編集長として、誰もが羨む贅沢な生活を送っていた著者

・事故により病で麻痺し、身体の自由を失ってしまう

・唯一動かすことができるのは左目のまぶた

・言語聴覚士の協力を経て、使用頻度が高い順に並べられたアルファベットをまばたき数で選択し、本書を作り上げる

・潜水服のように重く身体の自由がきかなくとも、心は蝶のように自由に飛んでいく、という想いがタイトル、本書の大部分に込められている

  • どんな状況におかれても必ず生きる希望はあることをドミニックボービー氏が身をもって語る本書は、可能性は無限にあるということを改めて気づかされる
  • 著者と言語聴覚士による作成の過程は並みならぬ努力と苦労があったに違いない
  • 不自由になったために解る、自由であることの有り難さ。当たり前の健康や生活に、普段からもっと感謝して過ごしていきたい
潜水服は蝶の夢を見る

潜水服は蝶の夢を見る

  • ジャン=ドミニックボービー

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く