原発爆破 それは正義か犯罪か。 あなたは日本最大のタブーを読む覚悟があるか?

4688views幻冬舎ルネッサンス新社幻冬舎ルネッサンス新社

このエントリーをはてなブックマークに追加
テロリストハンティング FUKUSHIMA MISSION

「原発爆破」日本最大のタブーに迫る、実録ハードボイルドアクション

福島第一原発爆破を目論むオウム残党テロリストを排除するため
工作員による潜入捜査が始まる。
宗教家、原発社員、公安、それぞれの歪んだ正義の行方とは――。

フクシマに潜入取材した原作者が、圧倒的な描写力で読むものを追い詰める
実録ハードボイルドアクション!

元機動隊の修造は、ある事件をきっかけに公安の非公式工作員として生きる道を選ばされた。
20年後、福島原発爆破テロ排除作戦中に、オウム真理教潜入捜査で出会った一人の男・マシンバールと再会する。
彼は福島第一原発地下に存在するという「遊戯室」への極秘ツアーを計画していた。
闇の世界でしか生きられない男たちが孤独に耐えながらも野獣のような感性と肉体で生き抜く姿を描いた実録エンターテイメント。

著者略歴

池上阿礼( いけがみ・あれい)
1963 年生まれ。立教大学文学部卒。
映画プロデューサー。90 年代のV シネマ、テレビドラマから、
日本アカデミー賞受賞映画まで、100 本以上の映像作品の企画
製作、脚本作成に携わる。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く