吾輩は猫である 夏目漱石

7391views韓非韓非

このエントリーをはてなブックマークに追加
吾輩は猫である (文春文庫)

夏目漱石の代表作ともいえる吾輩は猫であるを読み終えた。
猫を主人公にし、人間や社会や風俗などをユーモラスに観察し、当時も今も変わらない人間の性質を書いた小説。

夏目漱石の小説は、暗い内容が多いがそういった描写はこの小説ではあまりなく、明るいとまでは言えないが、ユーモラスな日常生活や社会ではある。

この名前のない猫は、一般大衆よりもはるかに教養や知識があり、現実的でないような感じもするが、それはそれで面白い。

この小説は長いが、あっという間に読み終えることが私にはできた。

長編小説が苦手な方も手にとってみてはどうだろうか。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く