経営戦略 全史(三谷宏治)

8095viewsだー子だー子

このエントリーをはてなブックマークに追加
経営戦略全史 (ディスカヴァー・レボリューションズ)

本書の内容

・本書は20世紀と21世紀初頭における経営戦略の歴史について俯瞰的に語られると共に主要なコンセプトが紹介された1冊である
・歴史を辿ればポジショニング派とケイパビリティ派の対立も各種の経営分析フレームワークの源流も直近の主要な考えも全て味わえる

近代マネジメントの源流 テイラーの「科学的管理法」

・経営戦略を語る上で、100年以上前の世界を生きた、フレデリック・テイラーは欠かかせない
・テイラーは目を悪くしてハーバード大学を退学し、見習い工としてキャリアをスタートする境遇を辿った後、メキメキと頭角を現す
・生産現場の課題に直面する中で、目分量だった管理から科学的な管理への必要性を痛感する
・ベスレヘム・スチール社でのショベル作業の研究において、ショベル1杯当りの分量、ショベルを差し込む速さや高さなどを最適化していく
・結果、1人当たり作業量を3.7倍に、1人当たり賃金を63%改善する。即ち生産量当りのコストを56%も削減する効果をもたらした
・そのような分析の集大成としてテイラーが55歳の時にまとめた書籍が「科学的管理法の原理」である
・そこでは、「①課業管理、②作業研究、③指図票制度、④段階的賃金制度、⑤職能別組織」をもって科学的管理法を説いている
・目覚ましい効果であった一方、「計画・管理と現場を分離して労使対立を激化させた」などの批判も浴びることになる
・そして10年後に人間性重視を謳う、メイヨー=レスリスバーガーが登場する

人間性重視を謳う メイヨーの「社会的存在としての人間」

・メイヨーは1880年、オーストラリアのアデレードで医師の子として生まれ、31歳から教員となり、その後、著名な「ミュール実験」を行う
・ミュール実験の内容は、年250%にも及ぶ紡績部門の離職率の低減を目指し、作業環境改革を行う
・彼はその原因を仕事の「単純さ」、「孤独さ」からの精神的疲労にあると考え、1日4回10分ずつの休憩を導入する
・その効果は目覚ましく、離職率がなんと年5%に急減した。しかし、本当に休憩だけが効果を及ぼしたのだろうか
・次に電話機製造会社において、「作業効率は照明が暗くなるほど上がる」と言われていた要因を探る
・チームの生産性は、照明を明るくしても、暗くしても関係なく、どんどん上がっていた。更に2万人の従業員に面談調査を行った
・あまりに膨大な量だったので面接法は自由に会話する形式となった。その結果、面接をしただけで生産性が向上している事実に直面
・人の生産性は経済的対価だけでなく、社会的欲求の充足を重視するもので、感情や人間関係に大きく左右されるという結論を得る
・これ以降、経営学の歴史において、生産性向上というテーマは「人の感情」という、まことに複雑で深遠なものに対峙していくことになる

近代マネジメントの創成 ドラッカーの「マネジメント」

・ピーター・ファーディナンド・ドラッカーは、日本でもダイヤモンド社からの書籍だけで累計400万部以上読まれている
・1946年に「会社という概念」という書籍で当時世界最大企業GMを研究し、分権経営の手法として事業部制の素晴らしさを語る
・一方で、GM社は作業者をコストとしてみなしている、GM社は官僚主義に陥っているなどといった厳しい指摘もしている
・結果、GM社から大いに不興を買うが、「会社という概念」は分権化の必読書となった。1954年には代表作「現代の経営」を出版
・ここで、企業経営上捉えておくべき3つの側面を、「①顧客の創造、②人間的機関、③社会的機関」と定義した

感想

このように、本書は経営戦略論の歴史がまとめられており、この先も、
・経営戦略の父「イゴール・アンゾフ」
・マーケティング界のドラッカー「フィリップ・コトラー」
・ポジショニング派「マイケル・ポーター」
・トム・ピーターズの「エクセレント・カンパニー」
・ヘンリー・ミンツバーグの「コンフィギュレーション」
・21世紀における戦い方
へと話しは続く。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く