段取りとスケジュール

8057viewsたくっくすたくっくす

このエントリーをはてなブックマークに追加
仕事は「段取りとスケジュール」で9割決まる! (アスカビジネス)

仕事は「段取りとスケジュール」で9割決まる!

タイトルを読んだだけでビビっと。購入して即日中に熟読です。
自分のなかで参考なった箇所いくつか紹介します。

・ To Do リストに頼りすぎるな。

 こちらはやるべきことをメモ代わりに自分も手帳やノートの余白にリストアップして書き込んでおいてそのタスクが終了するごとに✔または=を引いていく。
 やった感、やりきった感がすごくあり、仕事してるなと・・・。しかしこれで仕事をしちゃあいけない。リストアップするのはいいけれど、そこに時間の概念が抜けている・・・。だから期限のある仕事から片付けなくてはいけない。緊急度の高い仕事の割振りをしてから取り掛なければならない。
それを改善するためには・・・。

・ 時間割を作成する。

 小学校や中学校のときのように何時に何をやるのか?時間を決める。それも分単位で。
 この本には一日8時間労働ではなく、60分間×8時間で480分間で一日を考えることの重要性を説いています。一時間で仕事を見積もるのでなく、30分単位あるいは15分単位で仕事を見積もる。
で、実際にかかった時間を見直す。なぜ、予定時間をオーバーしたのか。あるいはどうしてうまくいったのかなど。。。ストップウォッチとまでいかないまでも、そのくらい時間に厳しく仕事をすることでよりパフォーマンスの高い仕事、アウトプットをすることが出来ます。
 この時間割できれば、朝一番に作成するよりかは、前日の夜または終業時に作って帰路につくことがいいと思いました。

 仕事の質を高めたい方、必読でおすすめします。

感想

 忙しい人にこそ仕事は頼め。そんな人になりたい方は読んで正解の本です。
 年末、年度末と仕事が多忙を極めるこの時期に読んで明日への糧としてください。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く