大往生したけりゃ医療とかかわるな

5376viewstamatama

このエントリーをはてなブックマークに追加
大往生したけりゃ医療とかかわるな (幻冬舎新書)

「自然死」のすすめ

筆者の考える「医療の鉄則」

●死にゆく自然の過程を邪魔しない
●死にゆく人間に無用の苦痛を与えてはならない

治療の四原則

①自然治癒の過程を妨げぬこと
②自然治癒を妨げているものを除くこと
③自然治癒力が衰えている時は、それを賦活すること
④自然治癒力が過剰である時には、それを適度に弱めること

治療に関する思い込み

①ちょっと具合が悪くなると、すぐ医者にかかる
②薬を飲まないことには病気はよくならない
③病名がつかないと不安
④医者にかかった以上、薬をもらわないことには気がすまない
⑤医者は病気のことなら何でもわかる
⑥病気は注射を打った方が早くよくなる
⑦よく検査するのは熱心ないい医者だ
⑧医者にあれこれ質問するのは失礼だ
⑨医者はプロだから、自分に一番いい治療法を教えてくれるはず
⑩大病院ほど信頼できる医者がたくさんいる
⑪入院するなら大病院、大学病院の方が安心できる
⑫外科の教授は手術がうまい
⑬マスコミに登場する医者は名医だ
⑭医学博士は腕がいい
⑮リハビリはすればするほど効果が出る

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く