結婚という形にこだわらなければ少子化問題は意外と改善されるかもしれない?

2172viewskaerumamakaerumama

このエントリーをはてなブックマークに追加
四十歳、未婚出産

40才目前に、宮村優子は妊娠した。相手は8才年下の会社の部下、水野匠。一度、海外出張に2人で行き、一夜の関係でどうやらできてしまったらしい。もちろん、優子は独身で、水野とゴールインという事にはなりそうもない。なぜなら、イケメンで、人気の水野には、若くて美くしい彼女がいるのだ。
大切な20代を不倫という不毛な関係で台無しにした優子には、後がない。産めるなら今しかないのかもしれないと、思うと、このチャンスを逃したくない、未婚の母になってでも産みたいという、思いが湧き起こってきた。
しかし、未婚の母という立場にまだ免疫のない日本で、産み育てる事は可能なのだろうか?

感想

こんな結末があるのか、展開があるのかと、驚き!

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く