王道のSEO対策

3629viewshisahisahisahisa

このエントリーをはてなブックマークに追加
もう業者には頼まない!カンタン攻略SEO

日本の検索エンジンは、機能や仕組みのほとんどはグーグルかヤフーに含まれる。

調べ物をしているときと、必要に迫られているときでは、検索結果をクリックする場所がまったく別物になる。

上皮表示させやすいキーワードで、自分のねらった検索キーワードと近いものを探す。

お客さまがどんな状況で、その商品を買うのかをイメージすることで、そのお客さまが検索するであろうキーワードを探す。

売れる検索キーワードがある商品列:商品名にブランド力がある(商品名で検索されやすい)。突然必要になる商品(パーティー商品、冠婚葬祭)。悩みを解決する商品(ダイエット、薄毛)。

売れない検索キーワードがある商品列:ブランド力がない食品/食材(その食品/食材を使ったレシピを探している人が多い)。コンビニなどどこにでも売っている商品(その商品を買うのではなく、使い方を調べていることが多い)

売れる検索キーワード数の検索回数の目安は1か月に1000回。

最も購入確率が高い検索キーワードは、商品名やブランド名、サービス名。必要だから検索エンジンで探している。商品の型番や年式、マニアしか知らないサービス名も同様。

SEOでも地域名の複合キーワードを狙うのは売上効果が高い。

悩み系のキーワードは、購入確率高い(育毛剤 シャンプーとか)

入力間違い、うろ覚えも狙う!(以外に検索回数が多い)

ヤフー会員登録で、検索エンジン設定でヤフーカテゴリリンク情報表示にチェックを入れると、検索結果で自動的にヤフーカテゴリに登録されたサイトを表示できる。1ページ目の検索結果に3個以上のカテゴリー登録されている本気で運営されているホームページがあれば、その検索キーワードでSEOの勝負を仕掛けるのは敬遠して、別の検索キーワードで攻略した方がいい。

SEOは被リンクの数で始まり、被リンクの数で終わる。

URLの前にlink:で検索をかけると被リンクの数が調べられる(ヤフー)

調べ物検索キーワードは、どんな上位表示されても、ほとんど売り上げに直結しない。一般的な言葉も。調べものキーワードか購入キーワードか見抜く。

抽象的なキーワードは抽象的なお客様しか集められない。⇒具体的なキーワード!(ダイエットとかは抽象的)

TITLEタグは、キーワード2-3個、10-20字くらい。

ヤフーのカテゴリー登録は必須⇒独自性のあるサイトである。コンテンツを充実させる。運営者の情報を掲載する。

お店の名前はもう知っている人が検索をかけるので最低限でよい。それよりもクリックしたくなる言葉を。

METAタグは80-100文字なら検索結果では見出ることはない。

ぱっと見て何の商品か分かるように写真を使う。余白を上手に使う。

HPに飛び込んでもらって、お客さまに何をしてもらいたいのか⇒無人接客なんだぜ。

1検索キーワード、1ホームページ戦略もある。

検索キーワードはお客さまの質問であり、飛び込んだページに書いてある文章やキャッチコピーがアンサーでなくてはいけない。

一度作ったHPは消さない!⇒後でリンクの役に立つ。

HPの歴史調査ツール。SEO TOOLS

数、質、時間、関連性、信頼性

10コンテンツ、10ブログでリンク扱いのブログになる。

リンクは検索キーワードを意識したテキスト文を貼る。

相互リンクコミュニティを利用。

HPの1か所に集中して、同じ言葉が集まるのも、検索エンジン側に不審がられる要因になる。同じ言葉の不自然な連続は、スパム扱いになる。文章になっていても入れすぎには注意。

strongは1ページで多くても5個。

tableタグは表を作るときだけに利用して、レイアウトを作るときには、スタイルシートを使う。

addressタグは住所を囲うタグ。自分のビジネスがインターネット上の検索で、地域名に大きく影響する商売であれば、このタグを使って、検索エンジン側に所在地をアピールする。

マスコミ関係の会社は優良なサイトと認識されているケースが多い。

プレスリリースの一斉配信ができるサービス:バリュープレス

ECサイトは、お客さまに検索してほしいキーワードを決めて、それをテキスト文書で商品名などに入力する。カテゴリーを間違えないで商品登録する。お客様の声(レビュー)を集める。レビューの数が多い=検索順位で上。

SEOは総合科目の合計点で合否が決まる。

一つの検索キーワードの検索結果に対して、同じドメインのホームページが表示されるのは、二つまでという検索エンジンルールがある。

上位表示されているときは、内部構成に手を加えるのは避ける。どうしてもというときは、少しずつ修正していく。

検索結果の検索回数は意味がない。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く