生の短さについて 他2篇 (セネカ 著)

3206viewsだー子だー子

このエントリーをはてなブックマークに追加
生の短さについて 他2篇 (岩波文庫)

要約

人生は短いのではなくその多くの時間を浪費しているのである。時間を有効に使えるならば最も偉大なことを完成できるほど一人の人生には豊富に時間が与えられている。

時間を浪費する者とは

1.酒と性にのみ熱中する者
2.ありがたいとも思われずに高位の者に自ら服従してわが身をすり減らす者
3.愛人、主君、子分に時間を費やす者
4.貪欲に利欲の夢に駆り立てられる者
5.他人の意見に絶えず左右される者
6.無駄な苦労をしながら厄介な骨折り仕事にとらわれ、他人の運命のために努力する者
7.怠けぼけしている者
8.移動に費やした時間、自らの手で招いた病気に費やした時間、使わぬまま投げ出した時間

人生について

1.大多数の人間はたとえ人生が千年以上続いたとしても、きわめて短いものに縮められる。
2.白髪やしわがあるといっても、長く生きた理由にはならない。それは長く生きたのではなく、長く有ったにすぎない。
3.人生は使い方を知れば長い。使い方を心得ている偉大な人物は自己の時間から何一つ取り去られることを許さない。
4.用いられる限りの時間をことごとく自分自身のために当てる人生はきわめて長いものになる。
5.生きることを学ぶことほど難しいことはない。しかし、生きることと死ぬことこそ生涯をかけて学ぶべきである 。

時間と人生観の乖離について

1.彼らは今以上によい生活ができるようにとますます多忙を極めている。
2.自分の財産を守ることに対してはケチであっても、時間となればたちまちにして最大の浪費家に変わる。
3.もしも死刑に怯えるならば、人間は生きんがために全財産でさえ投げ出す。こんな大きい感情の矛盾が彼らの内心には存在する。
4.各人に残りの寿命を明確に知らせることができたなら、それがわずかな年月であった場合どんなに慌てることであろう。
5.人生は三つの時に分けられる。過去の時、現在の時、将来の時である。このうち、現在過しつつある時は短く、将来過すであろう時は不確かであるが、過去に過した時は確かである。なぜならば過去は運命がすでにその特権を失っている時であるからだ。この過去を放棄するのが、多忙の者たちである。彼らには過去のことを振り返る余裕がなく、たとえあったとしても、悔やんでいることを思い出すのは不愉快であるから過去に心を向けるのを嫌がる。ところが過去は我々の時間の内で神聖かつ特別に扱わるべき部分であり、人間のあらゆる出来事を超越し、運命の支配下に運び去られた部分である。

結論

1.万人のうちで、英知に専念する者のみが暇のある人であり、このような者のみが生きているというべきである。それは彼らが単に自己の生涯を立派に守っているからだけではない。彼らはあらゆる時代を自己の時代に付け加える。彼ら以前に過ぎ去った年月は、ことごとく彼らに付加されている。我々がひどい恩知らずでない限り、かの聖なる見識を気付いてくれた最も優れた人たちは、我々のために生まれたのであり、我々のために人生を用意してくれた人々であることを知るであろう。(感想へ続く)

感想

2.真の職務に携わっている者と言えるのは、ゼノンやピュタゴラスやデモクリトスや、その他もろもろの学芸の巨匠たちや、アリストテレスやテオプラストスと言った人たちを、毎日最も親しい友達のようにしたいと望むものであろう。これらの巨匠は誰一人として君に死ぬことを強制しないが、誰もみな、死ぬことを教えてくれるであろう。誰一人として君の年月を使い減らすことはなく、それどころか、かえって自分たちの年月を君に付け加えてくれるであろう。君の望むものはなんでも彼らから持ち出せるであろう。君が欲しいだけのものをくみ出せないなら、それは彼らのせいではないであろう。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く