まごうことなき徹夜本

3912viewsmaria1.7yoshidamaria1.7yoshida

このエントリーをはてなブックマークに追加
その女アレックス (文春文庫)

とある看護職勤務のものすごく美人な女性がいきなり夜、ある男に誘拐される。
そして軟禁と拷問を受けるのだが、、、
という、割とショッキングな内容から始まる。
初めはただの女性誘拐事件だが、事件はある時を境にその様相をまったく別のものに変えてしまう…。

テンポよく進むストーリーと物語を彩る魅力的なキャラクターで飽きずにドンドン引き込まれます。
一度では終わらないどんでん返しに、読後もう一度読みたくなるかも。

感想

まごうことなき徹夜本。

だいたいミステリーは続きが気になって気になって仕方ないから一気読みするけれど、
今回のはまさにそれ。

どんでん返しがあり、それがうまい。

ちなみに、僕は初めからこうではないか?と推理していたことがあるのですが、、、それはまったくの見当違いでした。とほほ

その女アレックス (文春文庫)

その女アレックス (文春文庫)

  • ピエール ルメートル

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く