一生太らない「やせる! 食べ方」

4554viewstamatama

このエントリーをはてなブックマークに追加
一生太らない「やせる! 食べ方」 (PHP文庫)

糖質制限食でダイエットを始めましょう

◎カロリー制限よりも糖質制限がやせる
◎糖質をとると血糖が増え、肥満ホルモンであるインスリンが分泌
◎おかずを中心に食べる。主食・イモ類・一部の野菜・甘味のある食品を避ければほぼOK
◎スタンダード・スーパー・プチの3タイプがあり、やせる速度に違いがある
◎プチは夕食のみ、スーパーは3食とも糖質を抜く
◎スーパーでやせやすい身体に切り替えて、スタンダードやプチでキープする
◎スーパー2週間で体重減少がなければ倹約遺伝子を持つ可能性が。食べる量を2割減らす

やせるワケを医学的にご説明します

◎糖質の少ない食生活では糖新生が多い。食事中も身体の脂肪をエネルギー源として利用
◎この食生活では脂肪酸を使うので、余分なカロリーを尿中のケトン体として外へ捨てる
◎食事の脂質が減っているのに肥満は増えている。脂肪悪玉説は誤り
◎糖質依存の人も数日~1ヶ月で安定。脂肪が燃えやすい身体に

これほどの効果があります

◎スーパー1週間で2~3kgの体重減少が目安
◎ほとんどが半年~1年で標準体重まで落ちる
◎糖質制限でメタボも解消、2008年データでは全員が体重減少した
◎スーパーで引き締めて、緩めて効果が切れたらまたスーパーで引き締める

我慢いらずで楽なダイエットです

◎断食と同じ効果がありながら、安全で健康的。簡単で続けやすい
◎極端な低カロリーのダイエットは心臓の筋肉を落とす
◎アルコールはすぐ消費されるので蓄積されない
◎肥満ホルモンを減らすので運動と同じ効果がある
◎低炭水化物ダイエットや低インスリンダイエットをより徹底したものが糖質制限

食品選びはこうします

◎「糖類ゼロ・糖分ゼロ」は「糖質ゼロ」ではない
◎「炭水化物」は「糖質」とほぼ同じ意味
◎乳製品は食べるだけにして、飲むことはひかえる
◎人工甘味料とエリスリトール以外の糖アルコールはとり過ぎない
◎甘味のある調味料、リノール酸をひかえめに
◎果糖はブドウ糖よりも太りやすい。生は適量食べてよいがドライフルーツは避ける
◎野菜では根菜類やタマネギに注意。野菜ジュースは糖質が多いの
◎醸造酒とカクテルはダメ、蒸留酒はOK

この食品にちょっと気をつけましょう

◎昆布は糖質が多い。昆布だしはOK
◎甘いトマトとトマトジュースはひかえめに
◎卵を1日1個以上食べても大丈夫
◎大豆製品ではきな粉に注意。ごま豆腐や卵豆腐は大豆製品ではない
◎肉の加工品や練り物はラベルを見て糖質量を確認
◎カレーやシチューのルウには小麦が多いので使わない

食生活の工夫をしましょう

◎スーパーのときの昼食はコンビニ、バイキング、ビュッフェが便利
◎夕食での和食は高級店よりも居酒屋が使いやすい
◎和食よりも洋食系のほうが糖質制限を実行しやすい
◎中華は糖質制限を実行しにくい。点心の皮やとろみをうまく避けて対応する。大衆店のほうが低糖質
◎スーパーでは1週間だけ間食の甘いものを我慢する
◎主食も玄米や全粒粉の小麦粉の食品にする
◎糖質をとり始めた30分後に散歩を30分する

糖質制限で美しく健康になりましょう

◎糖質は血流を妨げる。糖質制限で血流がよくなるので、肌や髪が自然な状態に戻る
◎インスリンが増えると健康を保つしくみに労力が回りにくい
◎アレルギー・アルツハイマー・ガンなど、様々な病気の予防にも効果
◎糖質が多いと血中のブドウ糖の量が不安定で精神も不安定に。糖質制限で精神が安定、ダイエットうつがない
◎身体の老化は血管の老化から。糖質制限はアンチエイジングの効果がある

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く