アーユルヴェーダ美人道

4769viewstamatama

このエントリーをはてなブックマークに追加
アーユルヴェーダ美人道

アーユルヴェーダのデトックス生活

生命(アーユス)の科学(ヴェーダ)という意味を持つアーユルヴェーダはインドに伝わる世界最古の伝統医学。病気になりにくい健康な心とカラダをつくることが大きな目的です。そのパワーで心身に溜まった老廃物を排出してカラダをリセット。健康で引き締まったキレイなカラダのみならず、心まで豊かにするといわれるデトックスのすべてがわかります。

あなたのドーシャはどれでしょう?

アーユルヴェーダの理論は、人間がもともと持っている「生き方の知恵」。人間の心身は3つのエネルギー「ヴァータ(風)」「ピッタ(火)」「カパ(水)」によってコントロールされていると考えます。このエネルギーを「ドーシャ」と呼び、そのバランスによって体質や性格などが決まり、その人の個性となって表れます。まずは自分の体質を理解しましょう。

「アヴィヤンガ」でカラダをデトックス

たった10分のオイルマッサージで、カラダの外側と内側から攻めのデトックス。オイルのパワーが乱れたドーシャを溶かし出し、心とカラダに溜まったアーマを排出。毎日続ければ体内通路の流れが澄み渡り、理想体型に近づきます。

ヨーガと瞑想で心をデトックス

カラダに溜まったアーマを排出するだけでは、真の美しさは手に入りません。一日数分のヨーガ、呼吸法、瞑想を取り入れて、心のデトックスをおこないましょう。これからは緊張を抑え、集中力を高め、発送を豊かにし、3つのドーシャをバランスさせます。心のデトックスをおこなってこそ、心身の良好な関係が築かれ、「美しいあなた」が引き出されるのです。

「アーマ」を増やさない生活

アーマを増やさないようにするためには、毎日の生活環境に気をつけるのがポイント。アーマはドーシャがアンバアランスで正常に働かないときに生じます。食生活なども、ドーシャによって最適な内容は異なります。日頃からアーマを増やさない生活を実践すれば、贅肉や余分な水分が引き起こす、むくみからも開放されます。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く