本当の自分を取りもどす アーユルヴェーダ

3946viewstamatama

このエントリーをはてなブックマークに追加
本当の自分を取りもどす アーユルヴェーダ―あなたは誰?この世にまったく同じ人がいますか? (ガイアブックシリーズ)

序文より

今日私たちは、情報の時代(文字通りあらゆる種類の情報があふれた時代)に生きています。そして、情報が少ない時も危険ですが、正しい方法で受け止めることができなければ、多すぎる情報も危険なのです。このことは、特に健康と病気の領域であてはまるといえるでしょう。つまり現在、私たちの周りには、戸惑うほどおびただしい数の、効果的であっても矛盾した治療法があふれており、私たちはその中からたったひとつを選ばなくてはならないからです。それぞれの治療法の擁護者が、それぞれの治療法のすばらしさを主張しています。しかし、ある治療法がある人にある場合効果的だからといって、その方法が、いつでもどんな場合でもどんな人にも良いということはありえません。一人ひとりは皆違っているのですから。

人間がさまざまであるからこそ、アーユルヴェーダは、一人ひとりの症状にある治療法を知ることのできる医療体系として発達してきました。そして、少なくとも5000年以上にわたって、インドで発達してきた多くの知識やさまざまな治療法のすべてを、今日の治療技術にも取り入れることができるように体系化したのです。この理論は、誰もが理解できる常識を基礎としており、その目指すところは、自己認識と自己発見です。つまり、アーユルヴェーダによって、人々は自分たちが何者であり、なぜ自分が健康なのか、なぜ病気になるのか、健康な生活を最大限楽しむには自分たちの生活をどう変えれば良いのかということを理解できるようになるのです。

アーユルヴェーダの知恵は、時間も空間も超越したものですから、その概念が適切な言葉で正しく説明されていれば、どこの国でも、どんな人でも、その恩恵にあずかることができます。この本の著者であるジュディス・モリソンは、アメリカ、ニューメキシコ州の研究所で、アーユルヴェーダについての研究を重ねてきました。ヴァーサント博士と私は、ともに彼女がこの厖大な著書を通してアーユルヴェーダ理論を解説してくれたことに深く感謝しています。この本を読み、書いてあることをあなたの生活の中で実際に試してみてください。そうすれば、アーユルヴェーダがあなたの生活をどれほど良くすることができるか体験できることでしょう。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く