読みやすい短編です

3220viewskaerumamakaerumama

このエントリーをはてなブックマークに追加
満願 (新潮文庫)

夜警
夫婦の痴情のもつれに巻き込まれ、殉死した、川藤浩志は、勇敢な職務遂行を賞されて二階級特進し、警部補となった。
しかし、その殉死の裏には、川藤の警察官としての資質が問われる秘密が隠されていた。
死人宿
深い山奥に、その宿はあった。通称、死人宿。温泉側から湧き出るガスが人を死に至らしめるらしく、死にたい人が泊まりに来るという。楽に綺麗に、死ねると。
柘榴
さおりは、一目をひく美しさを持っていた。そんな、さおりは年を追うごとに美しさに、磨きをかけ、男子生徒の注目を集めた。そして、さおりが生涯連れ添おうと決めたのは同じ大学のゼミの佐原成海だった。彼は美男子でもなく、着ているものも上等ではなかったが、妙に異性を魅了したのだった。彼との出会いは、彼女をとめどない、困難へと誘うものだった、
万灯
三男で、特に家を継ぐわけでもない、私は、海外勤務を希望して商社に就職を決めた。最初の海外勤務は、インドネシア支社だった。エネルギー資源の確保に携わることとなる。とても、大きな仕事だ。やりがいに武者震いの止まらない私だったが、予想に反して、現実は厳しいすぎるものだった。
関守
私は、志高く、ライターを目指していたが、先輩の忠告も深く気に留めず、何でも書く、何でも屋になり下がってしまった。そんな何でもライターの私が、受け持つこととなったのは、都市伝説。適当な内容のものは、素材とテーマがあれば器用な私はこなせてしまう。が、完全オリジナルとなると、筆がとまってしまった。そんな、窮地にはやはり、先輩の元へとアドバイスをもらいに行ったのだが、果たして、先輩は、自分が塩漬けにしていた、ネタを譲ってくれた。ただ、この案件は注意してかからないとまずいと言われて、、
満願
弁護士となった私は、因果なもので、弁護士になるために、下宿させてもらった先のご夫婦の妻、佐和子の弁護人となった。彼女は、殺人の罪で、起訴されているという。弁護に乗り出した私だったが、、

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く