うまくいかないことには執着せず、うまくいくことを中心に組織を構築する

3530viewsホタテホタテ

このエントリーをはてなブックマークに追加
最高の成果を生み出す 6つのステップ

STEP1 神話を打ち砕け  ―何があなたを妨げているのか―

 強みを駆使することが、競争に勝つための最善の方法である。こう信じている組織は多いが、ほとんどの個人は信じていない。「自分の弱点を見つけて改善することが、すぐれた成果を収める最善ほ方法だと思う」人が75%存在する。もし、あなたが圧倒的多数の一人だとしたら、この後のステップをすべて習得するにはかなりの忍耐力が必要となる。
 そこでこの最初のステップでは、この考え方を打ち砕く。

STEP2 明確にせよ  ―あなたは自分の強みを知っているか―

 強みに基づく考え方ができるようになったら、次のステップへ進む。ここでは、あなた自身の強みと弱みを明確にする。ただし、「ストレングスファインダー」などの性格分析テストで得られる結果のことではない。
 これまで受けてきたありとあらゆる性格テストの結果を超えて、あなたの強みが毎日の生活のなかで真に活かされている活動とは何か、を見出さなければならない。
 毎週、あなたに課せられる土砂崩れさながらの業務、責任、人間関係をうまく処理する方法を知り、どれが強みでどれが弱みかを明確にする方法を学ぶ

STEP3 強みを解き放て  ―どうやってあなたの強みを最大限活用するか―

 このステップでは、人生と自分の強みを関連付ける方法を学ぶ。あなたの強みをチームに提供するさまざまな戦略を学び、二つのツールを手に入れる。ひとつは、あなたの強みがチームに貢献できるアイデアを生み出すツール。もう一つはそれらのアイデアを実行に移すツールだ。

STEP4 弱みを封じよ  ―どうやってあなたを弱くする活動を回避するか―

 自分を弱くする活動を遠ざげておく方法を知らなければ、あなたはすぐに強みの道からはずれてしまう。
 ステップ4には強固な意志で臨んでほしい。ここで学ぶのはmステップ3で学んだことの鏡像だ。すなわち、あなたの弱みがチームに与える影響を軽くするもっとも効果的な戦略、そしてここでも、アイデアを生み出し、アイデアを実行に移すためのツールを学ぶ。

STEP5 人に伝える  ―どうやって強いチームを作るか―

 自慢せずに強みを、愚痴を言わずに弱みを相手に伝える技術を習得する必要がある。ステップ5ではそれを学ぶ。

STEP6 強い習慣をつくれ  ―どうやってこれを生涯続けるか―

 キャリア全体を通じて強みの道を歩むためには、明確な考えを持ち続けなければならない。何年にもわたって、毎週初めから終わりまで、つねにあなたを強くする活動へと突き進み、あなたを弱くする活動を警戒しながら職場環境をコントロールできるよう、正しい習慣をつくらなければならない。最後のステップ6ではその方法を学ぶ。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く