「とりあえずやってみる」というのが、独学をはじめるうえでの大きなポイントです。

3572viewshisap0hisap0

このエントリーをはてなブックマークに追加
東大教授が教える独学勉強法 (草思社文庫)

≪目次≫

第1章 新しい「勉強」が必要とされる時代

  • なぜ人は勉強するのか?
  • 勉強の本質は「考えること」
  • 学問を身につけた人は、情報に振り回されない
  • 答えのある問いから答えのない問いへ
  • 生き残るためには応用力と独創力を身につけよ
  • 勉強は加工業、自分の中での”熟成”が大事
  • これからは自ら学び、自分の頭で考える時代

★コラム 本書で身につけてほしい勉強について

第2章 なぜ独学が、一番身につく勉強法なのか

  • 独学のメリット

 ・最大のメリットは「自分のペース」で勉強できること
 ・自分の理解にあった教材を選べる
 ・すぐ人に聞けないから、自分で考えるクセがつく
 ・自分で自分を評価する力がつく

  • 独学に向く人、向かない人
  • 自分で勉強してみると人生の選択肢が広がる
★コラム 情熱が無いと、否が応でも自分で考える力がつく

第3章 勉強をはじめる前にやっておきたいこと

  • いきなり勉強してはいけない
  • まず、自分に合う勉強のコツを探そう
  • 資格試験に落ち続けている人が陥りがちなパターン
  • 勉強する前に、勉強する姿勢をつくる
  • つねに「自分がどう思うか、どう考えるか」を考えるクセをつけよ
  • テーマの立て方・探し方

 ・「何がわかっていないか」という視点から見る
 ・学びたいことが浮かばない人へアドバイス

  • 目標の立て方
 ・目標達成は3割でよしとする
 ・目標の意義は、進捗状況を自分なりに確認する点にある
 ・長期的な目標は「仮」の意識で
★コラム たった一つの質問で道が拓けることもある

第4章 新しい分野に、どう取り掛かり、学びを深めていくか

  • 情報収集について

 ・最初から集めすぎないのがコツ
 ・走りながら、その都度その都度探してくるイメージで
 ・まずはとっかかりの入門書を3冊買ってみよう
 ・どんな本を選ぶべきか迷ったときは・・・

  • 本の読み方
 ・本の中に正解を探さない
 ・入門書・概説書は2段ステップで読む
 ・わからない用語は無視、本の基本コンセプトをつかむ読み方を
 ・マーカーを引くより、繰り返し読んだ方が身につく
 ・著者の立場で「自分なりの答え」を考えていくトレーニング
  • ノート・メモについて
 ・私がノートを作らない理由
 ・思いついたアイディアなど断片的な情報はメモをとる
 ・要点はまとめない、要約もしない
★コラム 大学の講義やカルチャーセンターをうまく利用する

第5章 学びを自分の中で熟成・加工し、成果をアウトプットする

  • 専門書を読んでみよう

 ・専門書こそおもしろい
 ・著者とけんかしながら読む

  • 学びを熟成させるプロセス
 ・「熟成」は勉強において一番大事な工程
 ・ものごとを「普遍化」させていく
 ・似たものを「関連付けて」いくことで、本質をとらえる
 ・学問と現実を関連付ける能力「応用する力」をつける
 ・頭にいったん入れたことを「揺らしてみる」
 ・「自分はわかっていない」と感じる経験こそが大切
  • 学びの成果をアウトプットする
 ・人に伝えようとすることで学びはさらに深まる
 ・自分の言葉で書く
 ・やさしく書く
 ・独学そのものが論文を書く良いトレーニングになる
★コラム ゆっくり自分の道をみつけよう

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く