一流の人は「仕組み」を学べる本を、二流の人は「スキル」を学べる本を選ぶ。今読んでいる本で将来が決まる

4029viewshisap0hisap0

このエントリーをはてなブックマークに追加
読書は「アウトプット」が99%: その1冊にもっと「付加価値」をつける読み方 (知的生きかた文庫)

≪目次≫

1章 もっと「本の話」を誰かとしよう

  • 今日の出来事を話すように「本の話」をする
  • 「人に伝える」ことで、知識が知恵に変わる
  • 学んだことを「出し惜しみ」しない
  • できる人は例外なく「要約力」を鍛えている
  • 本で身につく「全体を俯瞰する力」
  • 「教わる側」から「教える側」に回る

2章 「速読」よりも「乱読」せよ

  • 「1日1冊」必ず読む私の方法
  • 本を「斜め読み」でインプットする方法
  • 読書についての「4つの誤解」
  • 本は「買いまくり」「読みまくる」こと
  • 「まえがきの最初の3行」で買う本を選べ
  • 「ベストセラーの立ち読み」で流行を知る
  • 書店だからわかること、アマゾンだからわかること
  • 「濃い情報」がほしいなら本を読むしかない
  • 本は「何冊か同時に読む」方がいい
  • 読書を「毎日のルーチン」に組み込め

3章 読書を最高の「自己投資」にする技術

  • たとえば「小説」をどう仕事に役立てる?
  • 「ハウツーの10%」の実践を目指す
  • 情報は「受け取る」ものではなく「取りに行く」もの
  • 余白に書き込み、汚しながら読め
  • 「読書メモ」は”好きなように”書く
  • 「読書レビュー」は批判的なものを参考に
  • あなたも今すぐ「書評家」になれる
  • ブログ、SNS・・・「ネット」で本をどう活かすか
  • メルマガで「最新情報」は手に入れる方法
  • 「読書会」は”ゆるいルール”でやるのがコツ
  • 周囲に「本の贈り物」をしてみよう
  • 「著者に合う」ことも難しくない!
  • 「電子書籍」について考えておきたいこと

4章 「お金を稼ぐ人」は、本をこう読む!

  • なぜ、社長は「古典」を読むのか
  • 読書は「上にたつ者」の仕事
  • 一流の人は「スキル」よりも「仕組み」を学ぶ
  • 「仕事とは関係ない分野の本」が差を生む
  • 難しい本の活かし方、やさしい本の活かし方
  • 「感動」をアウトプットできるか
  • 「読書モード」になる環境をつくる
  • 読書時間をどう確保するか
  • 「かっこいい本棚」をつくろう
  • 「新聞・ネットニュース」の活用法

5章 私は、こんな本を読んできた

  • 《「明日から仕事に活かせる 」編》
  • 《[お金について考えておきたい]編》
  • 《[社会人としての生き方を考える]編》
  • 《「人間関係に役立つ」編》
  • 《「社会・世界について知る」編》
  • 『「読んでおきたい古典」編』
  • たった1冊の本に、人生を変える力がある

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く