大切なのは、すべてを吸収することではなく、自分にとっての本当に価値のある「1%」を見つけること

5017viewshisap0hisap0

このエントリーをはてなブックマークに追加
世界一やさしい読書習慣定着メソッド

≪目次≫

はじめに もっと快適に読書を楽しみたいと思っている人へ

 ・読書は「誰にでも身につく」
 ・消極的読者から脱出しよう
 ・書評家の読書事情
 ・カンペキな読書を目指す必要なない
 ・「自分の読書」を見つける旅にでよう

第1章 本との関係をカイゼンしよう

  • 読書の「カイゼン」に必要なこと

 ・自分の読書スタイルを身につける
 ・「フリー・スクロール」で読む目的をつかむ
 ・2つの“must”から自由になる

  • なぜ「読書が身につかない」のか?
 ・なにを「カイゼン」すればいいのか
 ・義務感が“本が苦手”と思い込ませる
 ・「誰かの成功例」は参考程度でいい

  • ひたすら「ワガママ」になろう
 ・読書とは「自分だけのため」の体験
 ・自由であることが読書の本質

第2章 「読みたくなる」読書術

  • 読書で「自分だけの価値観」をつくる
  • 「読みたくなる」メソッド
  • 「読み進める」メソッド
  • 「習慣づける」メソッド

第3章 「読書のカベ」をこわすための提案

  • いまの読書をいったん受け入れる
  • 「速く読める」を目的にしない
  • 「興味がない」から幅が広がる
  • 最適な読書環境のつくり方

第4章 自分にとっての「よい読書」を手に入れよう

  • 「前向き読書」で自分をのばす
  • 世論に惑わされすぎない
  • 読書はひとつの「ライフスタイル」

なにを「カイゼン」すればいいのか
下記のリストのなかで、自分に当てはまるものにチェックを入れてみてください。
読書に関する自分の本音をつきつめること、そして、いまの読書の問題点を把握することが目的です。

【読書に関する本音リスト】
□どんな本を読みたいのかわからない
□そもそも、本の選び方がわからない
□買った時点で満足し、ページを開かないことがある
□読もうと思っても、ついテレビやネットを見てしまう
□読むスピードが遅い
□同じ行、同じページを何度も読み返してしまう
□書いてあることが、なかなか頭に入らない
□覚えられないので、だんだん嫌気がさしてくる
□すぐ飽きてしまう
□読書習慣が長続きしない
□仕事のために本を読むとき、プレッシャーを感じる
□読書がうまくいかないと、心が折れそうになる
□自分は読書に向いていない人間なのかもしれない
□本が嫌いになりそうだ

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く