呼吸が浅いときは、緊張しているとき。1回の深呼吸だけで心が落ち着く。

5311viewshisap0hisap0

このエントリーをはてなブックマークに追加
心のざわざわ・イライラを消すがんばりすぎない休み方 すき間時間で始めるマインドフルネス

この本で一番大事なこと

≪つい頑張り過ぎてしまう方へ≫

 毎日忙しい。仕事や家事、いつもやらなければいけないことに追われている。無理しているつもりはないけれど、いつもなんとなく疲れている。スケジュールはぎっしりで充実しているはずなのに、日々に流されていってしまうような感覚になる。SNSを見れば周りの人のキラキラした毎日が目に入り、人と比べて自信がなくなる・・・。

 そんな風に心のざわざわ、もやもやを感じてしまうときが誰だってあると思います。特に今の時代の女性は仕事、結婚、子育て、自分らしい生き方など、いろいろな役割を果たそうと、ついがんばってしまう方が多いようです。

 「ちょと疲れたかも」と思うことが増えてきたなら、もう少し自分の心とからだを休ませてあげてもいいかもしれません。それは甘えではなく、心とからだをすこやかに保つために必要なことなのです。

≪現代の女性たちは、みんながんばっている
でもそのがんばりにみんな苦しんでいるのではないかな?≫

 これが本書のきっかけとなる私の問いです。
 そのがんばりって、「ねばらない」とか、「こうすべき」など、無意識のうちに自分を不自由にしている。これまでの時代の常識やルールから生まれたものではないでしょうか。

 がんばっている人に本当に必要なことは、そんな自分をあるがままに受け入れて、認めてあげること。そのカギを見つけるヒントは何かと言うと、じつはがんばりとともに生まれている苦しい感情の源に気づくこと、向き合うこと。

 マインドフルネスとは、心の平静を取り戻す技術であり、自分以外のなにかに縛られている自分に気づき、本来の自分の選択をする技術でもあります。

内容

  • 1.心身不調 からだの感覚に敏感になる
  • 2.滅茶苦茶 きちんとした暮らしを整える
  • 3.日々苛々 せかせかした心を柔らかくする習慣
  • 4.休息所望 今日は自分を休ませる!と決める
  • 5.付合下手 ほどよい距離感で人間関係を良くする
  • 6.情緒不安定 ざわざわした心を穏やかにする
  • 7.人生迷子? 自分をもっと好きになって未来にワクワクする

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く