一生懸命やっているのに「やるべきこと」が片づかない人がやるべきことを片付ける行動テクニック

3832viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
一生懸命やっているのに「やるべきこと」が片づかない人へ

概要

心理学者でビジネスにおける心理戦術など多数の著書を執筆している著者は、下記のように語ります。

「考えるすぎるのをやめて、とにかく動こう!」

「手を抜かず、ムダを省こう!」

本書では心理学の理論に基づいた具体的な生産性向上に直結する行動テクニックを教えてくれます。

以下、印象に残ったテクニックを抜粋して紹介します。

やるべきことを片付ける

◆机の上、ファイルの中、引き出しやキャビネットの中を片付ける
 ・入ってくる情報を減らせば、それだけ一つのことに没頭できる

◆やりかけの仕事をできるかぎり減らす
 ・やりかけの仕事は頭の中から消えにくい

◆すべて目を通さず、要点のみをつかむ
 ・要点だけをちょこちょこノートにとる学生のほうが、よい成績を上げられる
 ・悪書を読まないことは、良書を読むための条件である

やる気が出ないをやめる

◆ご褒美を与える
 ・報酬が大きいほど、発奮して作業を頑張る

◆陽気な言葉を口にしてやる気をかきたてる
 ・陽気な気分でいると、自分が取り組まなくてはいけない作業が小さくみえる

◆忙しいときに楽しいイベントを計画する
 ・「楽しい気分」が”ひらめき”を生み、雑用を早くこなし、「とにかく忙しい」状態を改善する

◆怒りの感情を持つ
 ・怒りの感情はモチベーションを高めるエネルギーに転化できる

時間がないを解消する

◆スイス・チーズ法
 ・大きな問題を小さな問題に分割するとうまくいく
 ・大きな目標を小さな「計画・行動」へと切り落としていく

◆イスに座らずに立って考える
 ・建った状態のほうが頭はよく回転し、それだけ判断力が速くなる

◆制限時間を決める
 ・制限時間を設けると、終わらせるためのダンドリを考えてから手をつけるようになる

◆めんどうなことから先に手をつける
 ・めんどうなことが後にひかえていると、心に何かすっきりせず、他の仕事にまで影響してしまう

他人に振り回されない

◆終わりの時間を意識させる
 ・相手に終わりの時間を教えることで、後回しにされない

◆会議を適切な時間に設ける
 ・昼食前・夕方遅め・就業時間直前にすると、みんなお昼や帰宅が気になるので無駄な会話がなくすばやく終わる

◆仕事の速い人とつきあう
 ・人間はつきあう人間の影響を受ける

◆交渉ごとでは先に自分の条件を出す
 ・図々しく積極的に先手をとることで、有利に運べる

視点を変える

◆スピーディな人間だと肯定的に思い込む
 ・自己暗示には強い力がある

◆目の回るほどの忙しさに追い込む
 ・中途半端ではなく、こなせないほど追い込んでみると手抜きのポイントがわかるようになる

ムダだけを省く

◆自分でなくてもできる仕事は人に頼む
 ・人に任せることは自分の手が増えるのと同義
 ・人にお願いすれば、簡単に片付くような仕事は、いくらでも頭を下げる

◆ランチェスター戦略で余計なことをしない
 ・ランチェスター戦略:戦力を分散させず、一つにまとめるからこそ爆発的なパワーが生まれ、敵を打ち破る
 ・「これだけは」という自分の特技を見つけて、それに関して誰にも負けないくらいの努力をする

◆人生で一番大切なことを意識する
 ・どんな目標を設定するにしろ、自分の行動の理由がうまく説明できないなら、その試みは必ず失敗する

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


bewabewa
勉強になりました。

コメントを書く